「クイズ!ヘキサゴンⅡ」から生まれた、つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔のからなる人気ユニット『羞恥心』。

この3人が一緒に写った写真がつるのさんのインスタに投稿され話題に。時を経ても変わらない3人の友情と活躍を見てみましょう。

バラエティ番組から生まれたユニット『羞恥心』

『クイズ!ヘキサゴンⅡ』に出演していた中でも、特に成績が酷かったこの3人。しかし、おバカユニットとしてデビューすると、おバカなのにイケメンで歌も上手いと大人気に。CD不況の中、デビューシングルは年間セールス5位と大健闘しました。

きっかけは3人とも、「羞恥心」が読めなくて…

ちなみに、ユニット名は、クイズで「羞恥心」を3人とも読めず、品川庄治の品川祐が紳助に『この3人で、少年隊みたいに羞恥心結成させたらどうですか?』と提案したことがきっかけ。そのためか、今でも上地やつるのは品川をとても慕っているらしい。

出典 http://dic.pixiv.net

きっかけは、驚くことに羞恥心(しゅうちしん)という漢字を3人とも読むことができなかったことでした。そこで、品川さんの発案から羞恥心が結成され、スザンヌさんがつるのさんを「羞!」とイジったことから、羞(つるの剛士)恥(野久保直樹)心(上地雄輔)となったのです。

2011年に正式に『羞恥心』解散!

2011年の紳助引退、かつ番組終了後、ファミリーコンサートに野久保がサプライズ出演し、オリジナルメンバーが1日限定で揃った。そして、同コンサートで羞恥心の解散が宣言された。

出典 http://dic.pixiv.net

大人気となった彼らですが、2009年に野久保直樹さんが番組を卒業。その後、ファミリーコンサートで3人が揃い正式に解散となりました。

そして、そんな3人が時を経て集合していたのです!

4年ぶりの3ショットに感動!

(´3`)oO(昨夜は、何年かぶりの集結。ノックもユースケも相も変わらず元気そうでなにより。。直接ユースケのお祝いもできてよかった!あんなことこんなこと懐かしい話に華が咲きました。なんだかんだで昔話だよなあ〜。。爺ちゃんになったらまた3人で踊ろうぜー羞恥心持って。笑

出典 https://instagram.com

上地さんが先日結婚を発表され、そのお祝いもかねて集結した写真がつるのさんのインスタグラムにアップされていました。デビューシングルの歌詞「羞恥心持って」を引用しつつ、また3人で踊ろうというコメントにグッときました。

Twitterでも3人の復活を期待する声が

3人揃ったところをまたテレビで見たい!

毎週の楽しみにしていた人も多いはず。

このくだり覚えてる!歌詞も1番しか頭に入っていない3人…(笑)

ヘキサゴンや羞恥心を懐かしみ、少しだけ復活して欲しいという声が上がっていました。いつか揃っている所をもう一度見てみたいですよね。

『羞恥心』が解散してからも、3人はそれぞれの道で活躍を続けています。

歌手としても大活躍“イクメン”つるの剛士

“羞恥心”のリーダーでもあった、つるのさんは2009年にカバーアルバム『つるのうた』でソロ歌手デビューし歌い手としての才能が広く知られるようになりました。

また4人の子どもの父親として、育児にもブレイク以前から積極的に参加。2009年から2010年にかけて育休を取得していたりと、イクメンタレントの代表的な存在です。

ついに結婚!明るい性格で愛されるづける上地雄輔

皆さまに、ご報告がございます(^^)v
この度、私上地雄輔は‥
て、堅苦しいのは自分らしくないからいつも通りここに遊びに来る友達や家族に話す感じにしまーす(笑)
(^^)v
あの‥
俺‥
入籍しました(^▽^)v
相手は地元の同級生です(^^)
この前まで田舎に住んでOLをやっていた、ごくごくすんっげー普っ通ぅ~の子です。
そして表に出るのが苦手なので、どうかそっとしておいてあげて下さい。

今年の8月に結婚したことを報告した上地さん。彼もソロ歌手として自ら作詞した曲でデビューし有線大賞を受賞。以降は俳優としても様々な作品に出演しています。

上地さんのライブに野久保さんが駆けつけたりと、交流は続いているようです。

舞台俳優として邁進する“のっくん”こと野久保直樹

ヘキサゴン卒業後、一時テレビであまり見なくなっていた野久保さん。俳優として演技力を身に着けたいという思いから、舞台を中心に活動されていました。

役柄にあわせてビジュアルを変える様子もインスタに投稿されていて、充実している様子が伺えます。

いつか“羞恥心”復活も…!彼らの今後に期待

“羞恥心”が解散してから、それぞれの個性を生かして芸能界で活躍を続けている彼ら。今回の久々の3ショットへの反響の高さから、当時の人気が伺えますね。

またいつの日か3人揃ってテレビで見れる日が来ることを祈りつつ、それぞれの活躍にも期待しましょう。

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス