記事提供:コイスルカラダ

恋愛・SEX・女性のお悩みに関するコラムを日々お届けしている【コイスルカラダ】編集部です。

20代の普及率が9割を超えているという“LINE”。

メールよりも手軽に送ることができレスポンスも早いためつい手軽に使ってしまいますよね。

上手に使えば恋愛でも活用することができますが、
一歩間違えると大失敗することも…!

今日は、特に片想い中に絶対やってはいけないLINE術を公開します!

◆片想い中のLINEは危険がいっぱい

片想い中は、不安や焦りがゆえに奇行に走りがち。
あなたにも経験ありませんか?

目の前に相手がいない分、返事のタイミングや内容ひとつで妄想が膨らみやすいですよね。
しかもネガティブな妄想が…。

また、電話やメールに比べて気軽に送りやすいのが大暴走のもとなんです。

◆絶対にやってはいけない禁止事項3つ

ですが、先にも述べた通り上手に使えばむしろとっても便利なツールなのがLINE。

今回は、片想い中コレをしないだけで成約率UP!な方法をご紹介します!

①だらだら長文

片想い中って、まだお互いをよく知らないからこそ、伝えたいことがたくさんありますよね。
その気持ち、すっごくわかります。

でも、長文って書いてる方はとっても気持ちいいのに反して、読む方にとってはかなりの苦行ってことを肝に銘じておきましょう!

気を遣える男性ほど「同じ文量で返さなければ」という義務感に駆られてしまい、それが面倒で返信を後回しにしてしまいがちです。

物足りない気もしちゃいますが…
できるだけ1~2つまでの文章に抑えましょう。

質問攻め

よく、質問をすると会話のラリーが続くからオススメ♪なんてLINE術が紹介されてるのを目にしますが…
一方的に質問を投げかけるだけの文章は、相手をかなり疲れさせます。

何でもかんでも質問するのではなく、きちんと会話の流れを把握してタイミングを見計らって質問を混ぜるようにしましょう!

返信の催促

これ、結構忘れがちですが…
本来、メールやLINEは受け取った相手が好きな時間に返事を送ることができるのが最大のメリット。

自分が既読をつけたら即レスするタイプでも、相手も同じとは限らないのです。

だから、返信が来ないことにイライラしてしまうなんていうのは…お門違いも甚だしい単なるワガママ!

相手の都合を無視していることに気付きましょう。

◆まとめると…

相手をドン引きさせないためのLINE心得3か条

1.相手から来た文章と同じくらいの文章量で返信する!
2.相手のペースに合わせて返信!
3.返信を無理強いしない。本当に即レスが必要な場合は、電話しちゃう!

◆どうしても既読無視がつらい…そんなときは

さて、頭ではわかっててもこのLINE術を守れそうにない…
というあなたに片想い中のツライ気分がちょっとだけラクになるお話を。

男性は、女性に比べて左脳が発達しているといわれています。
そのため、論理的に思考を組み立てながら日々を送っています。

それに対して、右脳が発達している女性は直感に従って生きているんです。

ずばり、これこそが男女の恋愛に温度差が生まれる原因。

恋をしても、仕事や趣味のことはまた別の話!
…という男性に対して、

女性は恋をすると、相手のことで頭がいっぱいになり、日々の生活も彼一色になってしまうのです。

つまり、
・LINEの返事が遅いのも
・仕事を優先されちゃうのも
・趣味にばっかりお金を使ってるのも

“すべては脳みその構造が違うせい!!!”

決して、あなたを邪険にしてるとか軽く扱ってるというわけじゃないんです。

LINEで大暴走しそうになったときは、いったんスマホを手放し、深呼吸をして

“すべては脳みその構造が違うせい!!!”

この合言葉を思い出しましょ!


いかがでしたか?
上手にLINEを駆使して、片想いから両想いになってくださいね♪


▼もっと恋愛テクニックが知りたい!という方はコチラ▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス