歯の矯正中に気をつけることは何でしょうか。

Licensed by gettyimages ®

矯正中の方はもちろんのこと、これから歯の矯正をしたいと考えている方も気になることではないでしょうか。今日は基本的な、矯正中に気をつけたいポイントをご紹介します。

1.色の濃い食べ物は避ける。

Licensed by gettyimages ®

色の濃い食べ物は、矯正装置も染まってしまうため、注意が必要です。特に表側にワイヤーをつけている場合、ハミガキをしても完璧に落とせないことも…。どうしても食べたいときは、矯正歯科でクリーニングをする前日に食べることにしましょう。

カレーやコーヒー等、色の濃いものを食べると着色するので、口をあけてパッと目につくところにパワーチェーンがついている時は、色の濃いものは控えた方がいいかもしれません。

出典 http://www.sakutarou-kyousei.com

矯正装置が裏側についている場合は、多少は気にならないかも知れませんが、表側に装置をつけた方は、装置の色素沈着を考えた上で食事をすると良いでしょう。

2.フランスパンなどの固い食べ物は控えましょう。

Licensed by gettyimages ®

矯正装置をはめている期間、ガムやキャラメル、色素沈着の強いものの他、「固い食べ物」も控えた方が良いでしょう。歯の1本ずつに外すことが可能なセメントで矯正装置をつけています。装置が壊れる、外れるたびにつけ直す必要があり、手間も費用もかかります。何より、知覚過敏の方はこの装置のつけ直しも意外と歯に響いて痛いもの。装置が外れるまでの我慢ということで、この期間は歯を動かすことを最優先しましょう。

矯正中は歯を動かしているため固い食べ物は避けましょう。
例えば、おせんべいや固いお肉、フランスパン等は避けて下さい。矯正装置(ブラケット)は矯正治療が終了したら外さなければいけないので外すことが可能なセメントでつけています。

出典 http://tateyamadc-higashi.jp

矯正装置をつけると「食べられないもの」「食べづらいもの」が出てきます。固すぎるものを食べると矯正装置が壊れることもあり、その度に矯正歯科に行く必要があります。歯にも負担がかかりますので、矯正期間中はこれらの食べ物は控えた方が良いでしょう。

3.ガムやキャラメルなどは控えましょう。

Licensed by gettyimages ®

矯正装置にくっつきやすいものは、虫歯の原因になりやすいです。装置がつくことで通常よりもハミガキがしづらい状況にありますので、虫歯が出来ないように口にするものは気をつけた方が良いでしょう。

「ガムやキャラメルなど粘つくものを食べるのは、装置にこびりついたり、虫歯の原因になりますので、できるだけ避けるようにしてください。」と説明しています。

出典 http://yokohamakyousei.jp

その他、お餅も気をつけた方が良い食べ物のひとつ。お正月は少し辛いかも知れませんが、数年の我慢ですので、美しくなった歯並びを想像することで乗りきりましょう。どうしても辛い方はお正月シーズンは海外旅行に行き、海外でニューイヤーを過ごすことも、矯正を楽しむコツのひとつです。

4.良質な睡眠を取りましょう。

Licensed by gettyimages ®

人の骨は、日々、破壊と再生を繰り返す「骨代謝」をしながら新陳代謝して体を支えています。歯列矯正は、この骨代謝を利用して歯を動かしています。装置で歯に少しずつ継続的な力を加えると、徐々に歯は動きます。歯が動くスピードは1ヶ月に1ミリ程度で、やみくもに強い力を加えたからといって、早く動くというわけではありません。

出典 http://www.kyousei-shika.net

矯正にも新陳代謝が欠かせません。睡眠を取ったからといって、劇的に歯の動きが早くなるわけではありませんが、健康的な生活を送ることで新陳代謝を活発にする手助けが出来ることでしょう。

5.ハミガキを毎食後に、しっかりと行いましょう。

Licensed by gettyimages ®

矯正中はどうしてもハミガキがしづらい状況になります。そのため、歯ブラシや小さめなワンタフトブラシや歯間ブラシなど、可能な限り多くのツールを使い、歯を丁寧に磨きましょう。虫歯が出来ると矯正治療そのものが遅れてしまうことも考えられます。毎日のハミガキは毎食後必ず、行うことが大切です。

親指・人差し指・中指の3本の指で歯ブラシやワンタフトブラシなどの清掃道具を持つ。
鏡を見ながら、歯ブラシをあてる。
汚れが染まる「染め出し剤」を付けて磨く。(使用法については歯科医院でお聞き下さい。)
磨き忘れを無くすために、順番を決めて磨く

出典 http://www.kyousei-shika.net

ハミガキをするために「これがあると磨きやすい」というアイテムがあれば積極的に取り入れて行きましょう。

6.なるべく良い姿勢で過ごしましょう。

Licensed by gettyimages ®

歩いているときや椅子に座っている時の姿勢を良くすることを心がけましょう。美容や見た目だけではなく、姿勢の良さや日常の何気ない動作やクセは、矯正治療にも影響を与えているそうです。

睡眠時の姿勢や頬杖・重いショルダーバックを片方で持つこと・体操座りで膝 の上に顎をのせるなどの行為はすべて【態癖】です。これらの習癖が毎日長時間に及ぶと、本来持っている 成長を妨げたり、歯列を変形させ、顎顔面の非対称を作ってしまう場合があります。

出典 http://fukumashi.com

「姿勢」が歯並びに影響を与えることはあまり知られていませんが、これらの動作や習慣を続けていると、せっかく矯正をしても再び歯並びが戻ってしまう可能性も…。そうならないように、矯正をきっかけに姿勢や動作のクセも直して行くことを心がけることが大切です。

7.こまめに歯の定期クリーニングを受けること。

Licensed by gettyimages ®

顎の手術と矯正治療を併用している方は、術後毎月、プラークコントロールをしている方もいるそうです。歯のクリーニングは、医院によっては自費治療のところもありますが、虫歯になって治療が遅れたり、歯を削るリスクを考えれば、こまめにクリーニングをして虫歯にならないように予防する方が良いでしょう。

虫歯が進行してしまうと装置を外して矯正を中断しなければならなくなるおそれがありますので、治療期間中は常にきれいな状態を維持しなければなりません。ですから、ご自宅で時間をかけて正しいブラッシングをしていただくと共に、月に1回通院し、プロによるクリーニングをお受けください。

出典 http://www.kannan-ortho.jp

矯正中の歯のクリーニングをどのように考えるかは医院によって、大きく異なります。矯正に比べて利益が出づらい予防歯科に力を入れている歯医者は患者さんに寄り添っている医院、とも言えるかもしれません。

「気になることは、小さなことでも相談しましょう。」

Licensed by gettyimages ®

装置が取れているかもしれない。少し歯が痛むなど、自分では「こんなことを聴いてもいいのかな」と思うようなことでも、質問をしましょう。そのような質問を嫌がる医院は、通わない方が良いかもしれません。自分で気づいたところを伝えることで歯の関心もあがりますし、何よりドクターや衛生士さんとのコミュニケーションのきっかけになります。良い治療には良いコミュニケーションが欠かせません。ぜひ、気になることは何でも質問をしましょう。皆様がより良い矯正治療を行い、美しい歯並びを手に入れられますように。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら