1966年より発売しているレゴ社の『レゴ・トレインシリーズ』を使い、庭に壮大なジオラマを作った熱狂的レゴファン。その作品が『凄い!』と話題になっていたので紹介したいと思います。

通常、鉄道模型のレイアウト(山・岩・土)は、紙粘土や発泡スチロール等を使って、制作されるのですが…

庭を掘って制作した…このジオラマには

リアル感というものは存在せず、そこにあるもの…

それはまさに“リアル”そのものなんです。

一体、どれくらいの作業時間で制作されたのか、記載はありませんでしたが…

透明のチューブを使って作られた“水中トンネル”など…

そのこだわりはハンパではありません。

また、所々に配置された『レゴフィグ(レゴ人形)』が…

レゴのファンタジー溢れる世界観を演出!

では、熱狂的なレゴファンが制作した『列車コース』。ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

自然を上手く利用し、様々なカメラワークで撮影されたこの動画。中央の水中トンネルも凄いのですが、なんといっても熱烈なレゴファンの…レゴへの想い。これはもう…天晴れとしか言い様がありませんね。

まるでレゴの国に迷い込んだような錯覚に陥る…素敵な作品。以上、『水中トンネルは圧巻!熱狂的なレゴファンが制作した“列車コース”が凄すぎる!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら