クローゼットには入りきらないほどの服があるのに、毎朝「今日何着よう」と迷っていませんか?「着るものがない!」と思うあなたは着回しが苦手なタイプ。雑誌を開くと必ずといっていいほどモデルの「一週間の着回し術」があって、それを参考にしたいのになかなか上手く着回しができない。そんなことありませんか?

実際におしゃれで着回し上手な人は、実は意外に持っている服やバッグの量が少ないんです。でもおしゃれな人のセンスと着回しテクでいろんなコーデを作り上げるんです。では、着回し下手&苦手な人のどこが悪いのでしょうか。その特徴を改善すれば、あなたも着回し上手になって毎日のコーデがもっと楽しめるはず。

着回しが苦手な人の特徴は?

Licensed by gettyimages ®

着回しが上手な人って、結構地味な服を揃えているんです。黒のTシャツに白のシャツ。グレーのセーターにしましまシャツ。そしてデニムスカート。そんな感じでモノトーン中心のアイテムが多いんですよね。

それに比べて着回し苦手な人のクローゼットには、主役級のアイテムばかりが揃っていることが多いんです。あなたのクローゼット、華やかな服が多くないですか?

地味な服ほど着回しがきく

Licensed by gettyimages ®

例えば、個性的なデザインのトップは確かに人目を惹くし無地のTシャツのように誰かと被ることもないでしょう。でも、そのトップに合うボトムスも欲しくなります。結局は地味な色、デザインのトップの方が着回しができるんです。

たくさん服を揃えても、着回しができない服であればどんどんクローゼットはいっぱいになるだけ。あなたが着回しできないのではなく、「着回しができない服を選ばない」ようにするのがコツなんです。

大きめサイズを選ぶようにする

Licensed by gettyimages ®

最近、海外セレブやモデルの間でも「オーバーサイズ」がトレンドですが、この大きめサイズはトレンドに関係なく結構役に立ちます。自分の体にピッタリ合ったTシャツだと、体の線がはっきり出てしまうのでボトムスとのバランスが難しくなってしまいます。少しゆったりしたサイズを選ぶと、ボトムコーデの幅が広がるので便利。

モデルやセレブがあんなにおしゃれなのは、デザインよりもそのサイズ感に強いこだわりを持っているからといっても過言ではないでしょう。ピッタリフィットのサイズよりも、ちょっとゆるめのサイズを選ぶ、これが着回しできるコツへと繋がります。

思いきって断捨離しましょう!

Licensed by gettyimages ®

筆者もどちらかというと着回しがあまり上手な方ではありませんでした。でも最近、色んなファッション誌の研究をしたりしてようやく苦手意識を克服できるようになりました。女性ならトレンドファッションは気になるもの。あれも欲しい、これも欲しい。そんな物欲は当たり前ですよね。でも、普段あまり着ていないものを思いきって処分してしまうのも一つのテク。筆者はチャリティショップに持って行ったりします。

どれだけクローゼットが服で溢れていても、気に入って着回す服って限られてるんですよね。それならいっそのこと整理して、上手に着回しましょ。そしてあなたに合ったカラーを見つけることも大切です。自分に似合うカラーには自然と何度も手が伸びます。着回し上手になるコツは、ちょっと大きめサイズ、地味系な服、そして自分に合ったカラーを選ぶことなんです。

着回し上手な人こそ、同じアイテムが何度もコーデに

Licensed by gettyimages ®

あなたの周りの人を観察してみて。同じインナーを着ていたり、同じバッグ、同じ靴でもおしゃれに見える人こそ本当の着回し上手な人。コーデのセンスはその人の生まれ持ったものでもあるけれど、着回し上手になる改善だってできるんです。

さぁ、ちょっとクローゼットを開けてみて、着回しできる服がどのぐらいあるか見てみましょう。おしゃれ上手は着回し上手。コツをつかんで、おしゃれを楽しみましょう!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス