iQOS(アイコス)という電子タバコを知っていますか?今までの電子タバコとは違い本物の煙草の葉を使用することで、たばこの味わいを楽しめ、さらには煙が出ないので周りに悪影響が少ないとかなり話題になっていす。詳細をまとめました。

iQOS(アイコス)とは

世界的なたばこメーカー、フィリップ モリスが、革新的な加熱式たばこ『iQOS』を開発。専用たばこ『マールボロ ヒートスティック』と共に2015年9月1日から世界に先駆けて日本で順次全国展開していくことが発表されています。

出典 http://getnews.jp

世界的なたばこメーカーが開発した加熱式のタバコです。マールボロヒートスティックという本物の煙草の葉が詰まったスティックを使って吸います。

マルボロヒートスティック

『レギュラー』『バランスドレギュラー』『メンソール』『ミント』の4種類の中から選べるようです。現在はマルボロ以外のたばこ葉は使用されていないようです。

iQOS(アイコス)の使い方

ヒートスティックをiQOS(アイコス)のフォルダーに差し込んで使用します。緑色のランプがついたら使用可能のサインです。後は普通のタバコ同様にすえばOKです。1回につき14回吸い込むことができ、約6分間楽しむことができるようです。終わりの時間が近づくとランプがオレンジに変わりお知らせしてくれます。

吸っている姿は一見葉巻を吸っているかのように見えてオシャレな印象もあります。しかし、普通の煙草のようにくわえたばこなどはできません。

煙が出ない

火を使っていないので基本的にたばこの煙が出ません、なので周りに人がいる場合でも煙を気にせずに吸うことができるという利点があります。また、部屋や服に付く臭いなども軽減できるのでおすすめです。

有害成分を削減

普通の煙草と違い有害成分を大幅カットできるのもアイコスのいいところです。使用後のフィルターは通常の物と違いほとんど真っ白な状態です。

灰皿不要でゴミ箱へ

火を使わないiQOSは灰も出さないため、灰皿は不要になる。マールボロ ヒートスティックはそのままゴミ箱に捨てることが可能だ

出典 http://weekly.ascii.jp

今までの煙草と違い火を使っていないので灰皿は不要です。さらに過熱しているだけなので吸いがらはそのままゴミ箱に捨ててもOKということです。

アイコスのデメリット

連続使用できない

iQOSホルダーは一度使用するごとに専用のポケットチャージャーで充電する必要が有るが、ポケットチャージャーでは約20回ぶんの充電が可能である。一度の充電で必要な時間は約6分。続けざまにiQOSを楽しむ場合はiQOSホルダーを2つ用意し、交互に吸い、充電することで解決できるのだ。

出典 http://weekly.ascii.jp

ヘビースモーカーなどの人は煙草を消したと思ったらすぐに火をつける人も多いと思います。そんな人には毎回充電を必要とするアイコスは不向きな商品です。

充電器を持ち歩く

ライターや携帯灰皿を持たなくても良くなったのですが、その反面アイコスの充電器など上記の物をセットで持ち歩く必要があります。

喫煙所でタバコを吸う

結局喫煙できるところで吸うしかないんです。だからひとり「においがしないタバコ」を吸っていてもあんまり意味がないというか。周囲の煙で結局においはつくのです。

出典 http://blog.rhasm.net

自分にたばこの臭いがつかないようにアイコスを利用するという人もいるのですが、アイコスを吸えるのは喫煙所になります。なので結果周りの人のたばこの臭いをもらってしまいます。

アイコスの販売価格

メーカー希望小売価格は、『iQOSホルダー』『ポケットチャージャー』とアフターサポートを含めて9980円。『マールボロ ヒートスティック』は1パック(20本)460円。

出典 http://getnews.jp

通常の煙草から考えたらかなりお高い物になります。しかし、周りのたばこを吸わない人との時間や体への影響を考えたらおすすめできる価格ではないでしょうか?

iQOS(アイコス)の反応

出典 YouTube

iQOS(アイコス)を使用していると通常の煙草が吸えなくなるという禁煙効果が望めるようです。しかし、たばこの味を愛している人には自分の好きな銘柄のスティックが出ることを望んでいる人が多いようです。スティックの種類や、使用回数、フォルダーの軽量化や見た目をスマートにできればもっと人気が出そうです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス