体の一部が繋がった状態で生まれる双子を結合双生児と呼びます。体の器官を共有しながら生まれてくる子や、四肢の一部が結合して生まれてくる子など様々です。今回は、結合双生児として生まれながら、18年の月日を普通の双子として生きてきた姉妹の物語です。

2万人に1組の確率で生まれるシャムの双子

出典 http://www.nydailynews.com

内臓の一部を共有しながら生まれた双子、エミリーとケイトリン。

アメリカはテキサスに住むエミリー&ケイトリン・コープランド。二人は、1996年に結合双生児として生まれました。結合双生児の発生確率は非常に低く、2万人に1組の割合です。そのうち、40~60%の新生児(結合双生児)が死産となり、35%は例え生まれても一日として生存出来ません。エミリーとケイトリンは、奇跡的に生を授かり、これまで19年の歳月を過ごして来ました。

注)シャム双生児とは:19世紀に実在した結合双生児に、チャン&エン・ブンカー兄弟がいました。見世物として有名だった彼らの興業名が「The Siamese Twins」であったのと、彼らの出身地がタイであったことから、結合双生児を「シャム双生児」と呼ぶことがあります。

共有していたのは腎臓だけではなかった

帝王切開で双子を取り上げると、体の一部が結合しているのが分かりました。2人の出産手術を行ったケビン・ラリー(Dr. Kevin Lally,chief surgeon at Children’s Memorial Hermann Hospital in Houston)医師は、先ず、生後2日目の赤ん坊に腸閉塞の手術をしなければなりませんでした。最初の検診では、接合していたのは腎臓だけで、心臓ではなかったのが唯一の救いだったそうです。医師は、その時点で二人を分離する事を考えます。しかし、手術の結果、双子が共有していたのは腎臓だけではなく、他の臓器にも渡っていたのが分かります。そこで、急遽双子を分離するのを諦め、もう少し成長するまで待つことにしました。ただ、これもある意味、彼女達にとっては生死を賭けた戦いでした。何せ、結合双生児の生存率はたったの35%で、それも極て短い期間しか生きていられないからです。

1年半後に別れた姉妹

出典 http://www.dailymail.co.uk

手術後のエミリーとケイトリン。生存率の低さなどものともせずに、双子は生を掴み取りました。1997年、ケビン・ラリー医師に抱かれる二人。

分離手術が行われたのは、彼女達が1歳になって半年が過ぎた頃でした。双子は想像以上に健康で、手術は問題なく終わりました。ケイトリンはエミリーよりも若干大きく、その徴候はその後も続きました。

術後も2人はすくすくと育ち、ほとんど病気になることもありませんでした。母であるクリスタルさんは言います。「風邪もひかず、学校を休んだのも3日となかったわ」と。そんな2人は、作年高校を卒業し、現在はそれぞれの人生を進むべく違う大学に通っています。

いつも2人は1つだった

出典 http://www.dailymail.co.uk

18年間常に一緒だった2人。大学進学を前に、遂に道は別れてしまいます。

出典 http://www.nydailynews.com

歯が抜け替わったのも同じ時期。

出典 http://www.nydailynews.com

パーティにも二人して参加しました。

幼稚園から高校まで、一環して同じ道を歩んできたエイミーとケイトリン。高校の卒業時には、二人共に学生総代として卒業式に臨みました。いつも仲が良く、どこへ行くにも一緒だった2人。結合双生児として産まれて来た彼女達は、魂もが1つだったのかもしれません。しかし、そんな2人に、悪戯な運命の女神は別々の道を歩ませるのでした。

出典 http://www.dailymail.co.uk

2014年、高校の卒業式。二人共に、生徒代表として卒業式に望みました。

それぞれの道を歩み始めた2人

出典 http://www.dailymail.co.uk

2014年、ケビン・ラリー医師と。

彼女達には、結合双生児だった頃の記憶は無いと言います。18年も昔のことは、潜在意識には残っていても、普段思い出すことはないのだそうです。しかし、他の人にはない心の癒着があるようで、何かと困難の付きまとう大学生活でさえ、2人が離れて暮らすことに比べれば、いとも容易いことだと言います。それぞれが違う大学に進み、ラインでしかコミュニケーションの取れない今、お互いの体の一部を失ったような、不思議な虚無感があるようです。

五体満足で生まれてきた者には、障害を持って生まれた人の苦労は理解し難いでしょう。この2人にどのようなボンディング(魂の癒着)があるのかさえ、平凡に生きてきた筆者には終ぞ分かりません。結合双生児として生まれた2人は、体の一部を共有するだけではなく、精神や魂までもが繋がっているのかもしれませんね。そこまで強い絆で結ばれた2人でも、いつかは別れ離れになる人生は、ある意味残酷です。しかし、視点を変えてみれば、それほどまでに人生を分かち合える相手がいるということは、何事にも代えがたい素晴らしい財産だと言えるでしょう。たった一度の人生を、心から分かち合えるパートナーと、今からでも遅くないので、ぜひ出会ってみたいものです。この世で一番贅沢な願望かもしれませんが。

この記事を書いたユーザー

ワードプロバイダー このユーザーの他の記事を見る

今季おススメのアニメは「うしおととら」。海外ドラマでは「ブラックリスト」。これまでに見た映画の中では、個人的トップ10の常連である、「フィッシャー・キング」です。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス