頑張ってる中年フリーターに社員になってもらいたい

私が勤める食品スーパーではアルバイトの正社員登用制度があり、「社員にならないか?」と声をかけるのですが、「このままでいいです」「ちょっと考えさせて下さい」「もう少し様子を見させてください」と意外と、誘いを断る中年フリーターが多いのにガッカリです。

彼らは決して能力が低いわけではありません。アルバイトとしてしっかりとした働きを認めているから正社員になってもらいたいと思って私は声をかけるのです。それ以上に私が同世代なので気になるのです。

どうして断るのかを聞くと、こういった答えが返ってきました。

「今まで、アルバイトでやってきたので今さら社員になろうと言う意欲はありません」
「社員の仕事をそばで見ていて大変そうで自分には無理だと思います」
「もっと自分に自信を付けてから社員になりたいと思います」
「今の方が自由がきくので今のままでいいです」
長年アルバイトをしてきたため、そこから変化をしていくのをためらうような言葉が返ってきました。

社員としてのメリットを説明すると「そんなことは分かっています」と返ってきます。分かってはいるが、年齢を重ねるごとに環境の変化について慎重になるのです。

1回断るとチャンスは遠ざかります。

せっかくの誘いを1回断られると、しばらく声をかけれません。どうせまた断るんだろ?と思うからです。でも心配はしているのです。私自身が中年で体力の衰えも感じてるので、同世代の中年フリーターが気になるのです。

「もうちょっと、もうちょっと」と様子を見ているうちに中年フリーターから初老フリーターへ、そして老人フリーターになるんじゃないでしょうか?

急増する中年フリーターが社会的な問題になってるのですが、このままいけば、10年後は新聞や雑誌で「急増する初老フリーター」として社会的な問題になると思います。そう思うと同世代としていい気はしません。

なってみればどうってことない社員

今まで私の説得で社員になった3人の元中年フリーター。彼らは「社員ってこんなに大変なんですね」とアルバイト時代と比べて言います。しかし、なんとかやっては行けるのです。なぜ?しつこく言うようですが無理な人には声をかけませんので。

本当に能力的に無理なの?そうじゃなく自分の心のブレーキの問題も考えるべきだと思います。

社員になったら責任が重たくなる。自由もきかなくなる。気持ちはとても分かります。なぜなら私も「店長にならないか?」の誘いに同じ理由で断りましたから(汗)

しかし、責任が重くなると言っても、しょせんは雇われでの責任です。自由がきかなくなると言ってもきちんと休みはあります。大変そうに見えても、アルバイトだって大変です。本当に無理なのか?良く考えて欲しいのです。

同世代として「自分は駄目」と思ってほしくない

私も40代で就職氷河期を経験し、時代が悪いと思ったこともあります。しかし、時代が駄目という考えがいつの間にか自分はどうせ駄目と言う考えに変わっていないだろうか?正社員になりたくてもなれない。それはもしかしたらなれるのにならないだけではないか?同世代として、自分の心に聞いてほしい。そう思いこの記事を書きました

最後までお読み頂き有難うございます。よろしければブログも覗いてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス