どんな子供でも我が子は可愛いもの。これはほとんどの親なら無条件の愛により思うことではないでしょうか。ところが、ある一人の母は違います。9歳になる娘の容姿で真剣に悩んでいるのです。

「どうにも娘が可愛くないんです。」

Licensed by gettyimages ®

一人の娘の母である女性があるサイトに投稿しました。「どうか誹謗中傷はしないでください。真剣に悩んでいます。こんなことを親の私が言うのも本当に嫌なんですが、9歳の娘の容姿が可愛くないんです。」

「骨格も私に似てゴツゴツした感じで髪だって私に似て縮れているし、離れた目や大きい鼻は、娘の父親である夫に似てるんです。」この匿名の母親は、娘が小学校に上がるようになってから周りの子供達が娘の容姿に気付き始めたと話します。

「娘は容姿のことで何回もからかわれた」

Licensed by gettyimages ®

残酷なことを時々平気で言うのが子供。小学生に上がったら周りの子供が娘の容姿のことで、心ないコメントをしたりからかったりしたと母親は話します。「ママ、私って可愛くないの?」そう聞かれたら、どう答えればいいのか。

娘が可愛く見えるためにはどんなことでも惜しまないという母親。でも一方で「自分の娘が可愛くないからって、罪の意識を感じたくはない。」そう話します。

「娘には幸せな人生を歩んで欲しい」

出典 http://www.mirror.co.uk

結局のところ、この母親は「どんなに我が子が可愛くなくても、娘がそれに臆することなく健康で幸せな人生を歩んで欲しい。」「容姿だけが人生の全てじゃないことをわかってほしい。」そう思っていることを投稿で伝えました。

すると批判的なコメントとどころか、この母親をサポートするあたたかいコメントが多く寄せられたのです。「容姿よりも、娘さんが頑張っている姿を褒めてあげて。」「創造力を豊かにすれば、周りが自分をどう思っているかということに拘らずに人生が開けるはずよ。」

自分の娘が可愛くなくて、娘にそれを正直にも言えず悩んでいた母親。自分のことを酷い母だと思っていた女性ですが、コメントには「自分を責めないで。あなたは酷い母親なんかじゃない。娘さんにただ幸せになって欲しいと思ってるだけよ。」そう励まされたそうです。

自分の子供が「親の自分から見ても可愛くない。」そう思ってしまっても、酷い親ではないんだということが、多くの人の励ましから救われたとその女性は語ります。美しく生まれたから人生が成功するとは必ずしも限らない。でも娘なら尚更容姿のことは本人も気になる。そんな葛藤が母親にはあったのでしょう。

ネットの世界は悪意に満ちているとは一概には言えないことがわかります。この母親のように、知らない誰かからたくさんの励ましをもらって強くなれる人もいるのです。娘を持つ親、息子を持つ親、それぞれ悩みどころも違うでしょう。でも、苦しくなったら吐き出すこと、これが一番大切なんだということを筆者も日々思いながら子育てをしています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス