今日も明日も仕事漬け。たまには六本木で銃でも撃ってお酒を飲んでストレス発散してみませんか?六本木の地下にあるシューティングバー「Hollow PΦint」(ホロ―ポイント)に行ってみました。

そこは六本木の地下。薄暗い本気のBAR

出典撮影:蜜

地下鉄六本木駅3番出口(アマンドがある方)より徒歩約1分。地下へ続く階段を下りると手前のテーブルには外国人男性客がかたまってワイワイしており、壁にかけられたエンブレムが目に飛び込んできました。これは「チャラいオシャレBAR」ではなく本気のバーへ来てしまったと気分が高まります。

なんだか安心の雰囲気、大人のためのバー

出典撮影:蜜

イスの形もカッコイイ!壁に掛けられた銃と外国人のオジサマ達(楽しそう)と薄暗い照明にテンションが上がります。と言ってもアングラで恐い雰囲気ではなく、店員さんは丁寧で店内もきれいなので女性でも安心して入れます。その時にいたお客さん達の年齢層はちょっと高め。
一番奥にある小部屋がシューティングルームです。

見ているだけでも眼福です

壁にかけられた銃が壮観です。興奮します。銃の造形美に興味がない友人も「かっこいいね」と言ってくれたので、1人で行くのに勇気がいる人は友達を誘ってみても良いと思います。

お酒もおいしいです

出典撮影:蜜

ちなみにお酒はカクテルを頼み、おつまみにポップコーンが出てきました。これがオイシイ!「BARなんだからこういう酒が飲みたかった」というお酒を出してくれました。ポップコーンもあたたかくてすごくおいしく、食べ始めると止まりません(もしかして作りたて?)。外国人の男の人達が来るのもわかります。

好きな銃が選べます

出典撮影:蜜

もちろんバーなのでお酒を飲むだけでも良いのですが、目的は銃を撃つことだったのでカタログを見ながら選びます。映画好きならヒャッハーしそうな銃が色々。グレネードガンやオートマチック銃も気になりますが、ここは造形美を重視してリボルバー銃をチョイス。学生時代に「月刊GUN」を買った時と同じワクワク感!
※左がかくも美しい「コルトパイソン」、右が「スミス&ウェッソン

出典 http://www.hollowpoint-jp.com

こんなのもあるので、ターミネーターのシュワちゃんごっこ(気分だけ)もできます。
【シューティング価格】
1回300円・500円・800円他(選ぶ銃によって値段が変わります)
目安…1回/27~38発(銃により異なります)

レクチャーを受け、いざ!

出典撮影:蜜

店員さんに銃の持ち方や撃ち方、注意点を教わり、ゴーグルを借りて装着します(目の保護のため)。縦長のシューティングルームになっており、空き缶の的とイラストが描かれた紙の的があります。画面にあるテレビ(右)に映っているのが紙の的で、撃ったらすぐどこに当たったかここでチェックできます。

二人組で行ったのですが、撃つときは基本1人なのでもう1人には小部屋の外へ出てもらいます。ガラス張りになっているので見物ができます。店員さんも外で見守ってくれていて、適宜アドバイスをくれます。ちなみにあちこちに貼ってある「エクスペンダブルズ」のポスターにときめきます。

おみやげに的がもらえます

出典撮影:蜜

結果はご覧の通りでしたが、もう1人はバシバシ的に当てていました。視力は良いのですが背が低いのが良くなかったのでしょうか、と身長のせいにしておきます。バランス感覚の問題かもしれません。けれどこれ、かなり夢中で楽しく撃てました。最高です。

撃つときは安全のため1人ですが、記念撮影は友達と二人一緒でも撮ってくれます。背中合わせになって銃を構える定番ポーズをキメてきました。

Licensed by gettyimages ®

このポーズです。

銃は美しいし、撃つのは楽しいし、お酒はおいしいし

出典撮影:蜜

暴力事は大嫌いですが、美しい銃は美しい日本刀と同じで芸術品だと思います。そうした「見る目的」でも楽しめて、撃つと楽しくストレス発散!お酒はおいしいし、おつまみもおいしいし、音楽はロックだし。ポスターも男らしいし。マスターも店員さんも人当たりが良いし。充実した大人の六本木の夜を過ごせました。

六本木でちょっぴり大人でイカツイ夜を…

出典撮影:蜜

店員さんのお話によると、サバゲ―(サバイバルゲーム)好きの人達も良く来るようです。「サバゲ―は興味ないけど銃はカッコいいです!コルトパイソンを触るのが夢でした!」と目を輝かせながら話す興奮気味の筆者にも優しく笑顔で対応してくれました。
おいしいお酒と渋い楽しみを味わいたい人はぜひ行ってみてください。

出典 https://www.google.co.jp

【営業時間】19:00~翌1:00(金曜日は~翌3:00)
【定休日】日・祝(但し金・土が祝日の場合は営業)、年始(1/1~1/4)
【アクセス】東京都港区六本木5-1-4 六和ビルB1F
【最寄り駅】地下鉄六本木駅3番出口

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス