90年代の後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む35歳以上の「中年フリーター」の増加に歯止めがかからないようです。

既婚女性を除く35~54歳の非正規職員を「中年フリーター」と定義します。

苦悩続きの、「中年フリーター」!

出典 http://www.epochtimes.com

1990年代前半のバブル崩壊後に経済が長期停滞した「失われた20年」の間に右肩上がりに増加し、その数は2015年1〜3月期平均で1979万人と、労働者全体の37.7%に達している。

ここ数年は景気が比較的安定し採用環境も改善していることなどから、34歳までのいわゆる「若年フリーター」はピークの03年からは減少している。だが、90年代後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む35歳以上の「中年フリーター」については増加に歯止めがかかっていない。

出典毎日新聞

バブル崩壊から始まった「失われた10年」の被害者であるとも言われています。現在、45歳の人が大学を卒業して社会に出てきた時期が「失われた10年」の始まりと重なるのです。新卒時に就職できず、そのまま現在まで正社員経験がない人は、自分のスキルや知識、一般常識さえも「社会人のレベルではない」と考えている傾向もあるのです。

右肩上がりの中年フリーターの数!

出典毎日新聞

正社員・非正社員の賃金には、こんな格差があった!

出典 http://jin115.com

政府はフリーターらを試用する企業に奨励金を支払うトライアル雇用制度や、就職に向けた助言やセミナーなどを行う「ジョブカフェ」などの対策を進めている。ただ現行のフリーター対策は若年層に対象を絞ったものが多い。35歳以上の「高齢フリーター」は政府の統計にも入っておらず、対策は手薄だ。
 
企業の多くは新卒採用志向で、20歳代の社内教育を重視する企業風土も根強い。このため、いったんフリーターになると、中途採用などで正社員になる機会は少なくなる。硬直的な雇用ルールの見直しなど、労働市場の流動性を高めなければ、フリーターが増え続ける可能性がある。

出典 http://www.nikkei.com

ケース1 親の介護のために、故郷にもどり派遣会社を転々。

出典読売新聞

非正規労働者になり、職を転々とする。今はセールなどの掘り出し物を見つけてはネットオークションで売りさばき、生計を立てているという。

ケース2 体を壊し辞職!貯金を使い果たし、フリーターに!

出典 http://koboro.cn

正社員を辞し、再就職を探すも体を壊したことや、休職期間が長いため不採用続きで、
職を得られず短期のアルバイトなどで食いつなぐ日々。

ケース3 会社にしばられたくなくて、あえてフリーターを選んだ!

出典 http://ja.steepwalls.com

気がつけば、35歳を超え仕事のスキルも身に付かずアルバイトを探すのも大変になっている。

このままでは、結婚もできず家族も持てない!

出典 http://health.goo.ne.jp

高収入の仕事が得られないことが原因で、結婚にも踏み切れず少子化になるのも仕方が無いという人も多い。

フリーターは就職活動においては完全に空白の期間として捉えられるので、長引くほどに不利になります。正社員だった期間がないと、年齢に反比例して就職は難しくなるでしょうし、入社できる会社のブラックっぽさは増していくのです。

将来的に、ホームレスになるしか・・・。

出典読売新聞

年金も払ってない、貯金もない、退職金もない、生活保護もシステムが崩壊してもらえない人たちが、ものすごい勢いで増えるといわれている。

人並みの生活が送れるように待遇改善を!

「多様な働き方」って!?

正社員になってもブラック企業もある!

働く場としては全く魅力の無い国に!

気を抜いたやつから「クビ」!

3人に1人が非正規だ!

「(非正規雇用労働者の問題に)どこかに決着の地点があると思ったけれど、10年たってもまったくない。10年前は若者の貧困だったけど、今はもう若者じゃない。中年になっていて、それがどんどん初老になり、高齢者になっていく」

出典毎日新聞

この国の将来に暗澹たる思いを抱いてしまいました。一番の働き盛りに。まともな仕事を得られず、家庭も持てず、というひとが増えてしまいます。

「時代の不運に当たってしまった」と言う人もいるかもしれません。しかし、これでいいわけがありません。未来を繋げるためにも着地点がない現実がなんとかならないかと、とても不安になってしまいました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス