秋はワインの季節ですね。ワインといえば海外のワインを想像しがちですが、ここ10年ほどで日本ワインの品質が急激に向上している事をご存知ですか?

ワインが好きならば一度は行っておきたい日本のワイナリーの1つが、エッセイスト・画家・農園主・ワイナリーオーナーである玉村豊男さんのワイナリー。長野県にある「ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー」

オーナーは、長野原産地呼称管理制度の会長もされている日本ワインの世界で有名な玉村豊男さんです。


ヨーロッパ仕立ての雄大で、息を飲むほどに美しいぶどう畑を見ながらワインを楽しめます。

出典筆者撮影

「ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー」

出典筆者撮影

ヴィラデストは、エッセイスト・画家の玉村豊男さんが自ら飲みたいワインをつくりたいと、見晴らしの良い土地に築き上げたワイナリーです。

ぶどうは、自社畑をはじめ、長野県内で生産された原料を100%使用。醸造面では最新の知見と昔ながらの手づくりを合わせて、ぶどうの持つ個性を最大限に引き出し、風土を反映した世界に向けて発信できるワインづくりを目指しています。

出典 http://www.nagano-wine.jp

ご夫婦のこだわりで作り上げたこちらのガーデンファームアンドワイナリーは、まるで海外の雄大なワイナリーを思わせるような絶景が見所です。

国産ワインを売っているショップが並列された日本ワイナリーはありますが、このような絶景が見渡せる場所が日本にいくつあるでしょうか。

出典筆者撮影

日本にいることを忘れるかのような、緑多き自然と手入れの行き届いた庭園。本当に海外のワイナリーに来たように時の流れや心の落ち着きに気付くはずです。

出典筆者撮影

ヴィラデストの主要品種は、白ブドウのシャルドネやソーヴィニヨン・ブラン。黒ブドウはメルローやピノ・ノワールです。

湿気の多い日本はブドウの栽培に棚仕立てに造る事が多い中、国際代表品種をヨーロッパ仕立ての垣根仕立てで仕立てられた畑はまさに絶景です。それほど、手間と労力がかけられていることが一目瞭然です。

出典筆者撮影

敷地内にいる愛くるしいヤギも魅力

敷地内には可愛いヤギも!名前はヤギ子。むしゃむしゃと草を食べるヤギに心も和みます。

出典筆者撮影

ぶどう畑の景色を眺めながら、ワインを飲むことができる日本でも限られたワイン文化の定着と、ワイン普及のために情熱を注がれている場所です。


標高が高く、昼夜の気温差が大きいことが美しい酸を生む場所です。そして特筆的な降雨量の少なさがぶどうを完熟させ、濃縮した味わいが作られます。



出典筆者撮影

ワインはその土地柄が造りだすテロワールが大切だと言われます。そこには人が生活し、人が行き交い、穏やかな空間が流れ、現代の人々が忘れかけそうな人の温かさを感じます。

その心が緩む、緩み過ぎてハッと怖くなるほどの包容力のある場所、土地がつくるぶどう、人がつくるブドウとワインを味わえる数少ない場所です。

出典筆者撮影

こちらはワインもちろん、ワインに合う食事も楽しめるのでオススメです。


実りの秋の季節はワインの季節。日本全国にある素敵なワイナリーを訪ねてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス