皆さんは、アルケミストというアーティストを知っていますか?

アルケミストは、こんやしょうたろうさん(ボーカル)と井尻慶太さん(ピアノ)からなる2人組の音楽ユニットです。過去には、積水ハイムのCMソングを担当したり、即興演奏という特技が注目され、「誰も知らない泣ける歌」「世界一のSHOWタイム」などのTV番組に出演した実績もあります。

今回紹介するのは、彼らが自身のオリジナル曲である「あの空」という楽曲を、大分県の1/2成人式のイベントで現地の小学生たちと歌っている映像です。

この曲中に何度も登場する「がんばれ」という言葉について、作詞を担当したボーカルのこんやしょうたろうさんは以下のように話しています。

大人の人の中には、「がんばれ」と言われるとちょっとつらいという人もいますよね。自分が頑張っていないからそう言われてるんじゃないかと思ってしまったり。

でも、せっかくの応援メッセージだから、それが届くといいなと思って、いつか「がんばれ、がんばれ」と伝える歌を作りたいと思っていました。

「がんばれ」と言われた人が、どうすればその「がんばれ」を素直に聞けるのか。それを一生懸命考えた結果、子供時代の自分が大人になった自分に向かって「がんばれ」と言ったなら、これは素直に聞けると思ったんです。

出典 https://www.youtube.com

こんな想いが込められた「あの空」を、未来の自分たちに向かって歌おうと子供たちに呼びかけるこんやさんですが、彼に関してもう1つ触れておきたいことがあります。

彼は、生まれながらにして左手の肘より先がありません。その障害のために、音楽の道を諦めようとしたこともあったそうです。しかし彼は、夢に向かって必死に頑張り続けてきました。きっとこの歌は、そんな彼の人生を重ね合わせた、彼自身へのメッセージソングでもあるのだと思います。

それでは、アルケミストと子供たちの感動的で温かい歌声をお聴きください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス