なぜ、女性を必要以上に働かそうとする…

さて、ここでひとつ問題です。主婦は無職か否か。

答え、主婦はれっきとした仕事です。夫から対価を貰ってしっかり働いています。
逆を言えば、夫が対価をくれないのであれば、料理も洗濯も掃除もしません。

仕事をしている人にまだ仕事をさせようとする、この考え方はおかしいと思うのは私だけでしょうか?

私は夫に「夜、暇でしょ。他に仕事してきてよ!」なんて絶対に言えません。

さて、ここでもうひとつ質問。

主婦は生産性があるか、ないか。

答えはなしです。主婦には直接的にお金を生み出す力はありません。
でも、お金を生むためのサポートはしっかりやっています。

夫が働くことができるのも、主婦である妻が家事をしているから。
子どもが成長するのも、ご飯を食べさせ、育児する母親がいるから。

企業の秘書や経理、給食室、清掃係、託児所、雑務室などの仕事を一括して行っているのが主婦です。
これらの業務が円滑に回ることで、生産性の向上につながるのです。

これを踏まえた上で、主婦をまだ働かせるのかと考えると疑問しかありません。

賃下げでパート女性が増える→女性活躍?

賃金減らせば、パート女性が増えるのは当たり前です。

それは家庭の経営が回らなくなるから。明日、食べるものにも困るから働くんです

これは果たして、活躍する女性の増加に繋がっているのでしょうか?
そうまでして女性を外で働かせる意味はどこにあるのでしょうか。

何かがおかしい。

主婦に専念したい女性は家をしっかり守って、夫が働くサポートをする!
生活の質を上げて、心のゆとりと財布のゆとりを保つ。
安心して子育てできる環境をつくる。
働きたい女性が拒否されない社会をつくる。

国に必要なことはこれではないでしょうか。

実際の主婦事情

正直、専業主婦が向かないと感じる女性は多いです。子育てが落ち着けば、自然と自分の生きる道に戻ろうとします。
でも、このように働きたい女性に限って、働けない環境の下で生活をしているんです。

出産すると職場から働くことを認められない。それ以前に、保育園がいっぱいで預けることができない。
女性の労働を促す前に、働く環境をまず準備することの方が大切では。


無理やり働けない女性を拘束すべきではないし、もっと言えば働きたくない女性を無理やりパートにつかせ、仕事の質を下げるべきではありません。

日本人は昔からクオリティで勝負しているはず。
働きたい女性が質の高い仕事をすることこそ、本当の女性の活躍につながります

個人の価値をあげるためにも、高い賃金で相応の仕事をするのが経済を発展させるためにも必要ではないのかと感じています。


ちなみに筆者は、3歳と1歳のこどもたちを保育園に預けて働いています。働きたい女性側ですが、家計がもう少し豊かなら母親としてはもう少し自宅で保育したかった

働かなくては生きていけない、主婦のつぶやきでした。

この記事を書いたユーザー

uritted このユーザーの他の記事を見る

かいじゅう2人の子育てをしながら、気になることを記事にしています。子育て、夫婦ネタを中心に生活に関わることをご紹介したいと思っています。ぜひ暇つぶしがてらに眺めていってください。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • グルメ
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス