記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
小学高学年から中学生までの成長期に感じるヒザ痛…。もしかしたら、オスグッド病かもしれません。

今回は、よく耳にするこの病気について、その原因と対処法について医師に解説いただきました。

どんな病気?

正式には、オスグッド・シュラッター病(Osgood-Schlatter disease)という、いわゆる骨軟骨炎。その特徴は…

・成長期の男児に起こりやすい
・ヒザ下に痛みが生じる

上記のことから、成長痛や、スポーツ障害といわれることもあります。

気になる原因とは…

オスグッド病は、10~15歳ころの小学生から高校生くらいの成長期の子どもが、ジャンプやボールをけるような動作の多いスポーツ、例えばサッカーやバレーボールなどをし過ぎると、起こります。つまり、発育期のスポーツ少年に多いといえます。

痛みの発生メカニズム

成長期の骨は軟骨成分が多く、徐々にこれが骨化する時期です。この時期にひざを伸ばすような動作や負荷をスポーツなどでかけると、この引っぱる力が、脛骨結節(スネの内側の骨)に加わって、軟骨がはがれてきます。それにより、炎症が起こります。

オスグッド病の症状

ヒザ下にある脛骨結節が徐々に隆起することで、次のような症状が引き起こされます。

・ヒザ下の痛み
・赤く腫れたり、熱感をもつ
・安静にしていると痛みが無くなる
・スポーツや階段の上り下りで痛みが発生

改善方法、予防方法は?

成長期の一時的な状態であることが多く、成長が終了することによってほとんどは治ります。ただし、この時期はスポーツなど負荷をかけることを控えることが重要です。

【医師からのアドバイス】

症状を悪化させないためには、大腿四頭筋のストレッチやマッサージなどを行い、もし痛みが強ければ、内服や湿布などで治療を行うようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス