連休明けの出勤日、気持ちも沈んで、なんだか体もダルくて動かない…。そんな方は休日の過ごし方に問題があるのかもしれません。

休み明けにスッキリ仕事へ行ける“正しい休暇の過ごし方”とは?

連休明けの仕事がツライ…

毎度の事ながら、本当に月曜日ってしんどいです。

連休明けってどうしてこんなに眠いのでしょうか。

楽しんだ反動でよりツラく感じてしまう…。

連休明けの出勤はとっても辛いですよね。仕事行きたくない…けどそんなことも言ってられない。そんな連休明けのダルさは休みの日の過ごし方が原因かも…!?

ダルい理由は交感神経にあった!

なぜ久しぶりの出勤はだるくなるのかといいますと、単純に体がお休みモードだからです。休み中というのは精神的にリラックスしている状態であり、自律神経でいうと副交感神経といってゆっくりしている時の神経が優位になっている状態をいいます。

出典 http://takatyaqnn.blog17.fc2.com

何となくダルい…。この原因は実は休みの日は仕事モードの交感神経から、リラックスした副交感神経に変わっているから。

副交感神経が優位のまま頑張って仕事をしようとすることで、そのギャップからダルさを感じてしまうのです。では、連休明けの仕事がラクになる、正しいオトナの休日の過ごし方とは?

1. 休みの日も早めに起床する

人間には約25時間サイクルのリズムがあるといわれています。このリズムに従って、私たちの体は様々なホルモンを分泌し生活の流れを作っています。目が覚め、空腹を感じ、排泄をし、眠たくなるのもこの為です。

しかし、1日は24時間と決められています。このままでは、一日約1時間ずつずれていってしまいますね。その為に、体は、毎朝朝日を視覚に入れることで、その1時間のずれを修正し、24時間サイクルに合わせているのです。

出典 http://health.goo.ne.jp

次の日に仕事が休みだとついつい夜更かしや寝坊をしがち。そして、ついついお昼ごろまで寝てしまったり…。

実は、これが一番体のだるさを引きおこす原因なんです!体内時計は25時間なので、朝起きて調整が出来ないと1時間ずつズレてしまうのです。

2. ストレスを溜めないように声を出す

声を出すと活力が湧くと科学的に証明されており、ストレスの軽減の効果から、前頭前野に働きかけ雑念を吹き飛ばす効果があります!!

出典 http://shunnoshun.com

声が小さくボソボソ話す人と、声が大きくハキハキ話す人なら、後者の方が魅力的にうつります。特に、仕事の場合はその人が信頼できる人かどうか、ということがとても大切です。

出典 http://xn--o9j0bk9502aznas31jvxivss1vf228dcqg.com

楽しい休みの日から平日への仕事へのギャップも、連休明けのダルさの原因のひとつ。体をスッキリさせる方法には「大声を出す」というのもあります。

朝仕事へ行く前に軽く発声をしてみたり、それが難しい人は朝職場で明るく挨拶してみてください。ハキハキ喋ることでイメージアップにも繋がりますよ。

3. ジョギングなど軽い運動する

連休最後の日に運動してください。軽いジョギングやウォーキングぐらいでいいのですが、仕事前に一度身体を緊張させ交感神経を働かせるのです。すると仕事の日にすっとONになってくれます。

出典 http://ameblo.jp

仕事をしている時は交感神経が働いていますが、連休中はこれがオフ状態になってしまうのです。運動をすることによって、交感神経がオンになり、体のリズムを調整することができます。

4. 休み明けは朝食を必ず食べる

出典 http://ask.fm

血糖が低下したまま、朝食を食べないと体温も上がらず、集中力が低下し、だるさや眠さを強く感じる場合が多くなります。脳に絶えずエネルギー源としてブドウ糖を補給するために、朝食を食べることは重要なのです。

出典 http://www.dietitian.or.jp

朝一番にご飯を食べることで、脳に糖分が行き渡ります。休み明けの朝は朝食をいつも抜きがちな人も簡単なものを必ず口にしましょう。どうしても食べれない時は、スムージーなどでも良いですよ。

5. 「みんなこんなもんだ。」と気楽に考える

「多かれ少なかれ、連休明けは、みんなこんなもんなんだろうな」と気楽に考えられても良いのではないかと感じます。

出典 http://okwave.jp

着替えて出勤しようとすると何となく鬱にな気分になることってありますよね。でもそれは、多くの人が同じこと。自分がダメなんだなんて思わずに、「みんなこんだもんだ。」と気楽に考えるようにしましょう。

どうしても辛い休み明けの仕事。それはただ、仕事が嫌なのではなく過ごし方に原因があったのかも…。特に連休最終日には体のスイッチを整える必要がありそう。でも考え過ぎもかえって危険。次の週末をイメージして、元気に乗り切りましょう!

この記事を書いたユーザー

tiara このユーザーの他の記事を見る

ファッション、美容、ときどき食べ物♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス