皆さんは、家事の中で1番嫌いなものは何ですか?

私は「洗濯物を畳む」事が1番嫌いです

今回はその洗濯物を畳む事についてスポットを当ててみました。

1、あ~洗濯物、畳みたくない!

出典 http://ameblo.jp

子どもと旦那の洗濯物は渋々畳みますが、自分の洗濯物はほとんど投げ入れている始末。
畳みたくないのは私だけ?と思いきや・・・・・。

2、こんなにも仲間が沢山いた~!

そうそう!干すまではいい!後が問題・・・・。

ひえー!!これは大量ですね・・・・。同じく畳みたくないw

もう、妖精でも妖怪でもいいから手伝って欲しいですよね!分かります!

3、妖精に頼らなくてもいい!最新家電キター!

 セブンドリーマーズとパナソニック、大和ハウス工業は、世界初の全自動洗濯物折畳み機「laundroid(ランドロイド)」の共同開発をスタートしたと発表。CEATEC 2015会場のseven dreamers laboratoriesにてコンセプトモデルを展示、衣類を折り畳むまでの様子を実演している。
 2016年度中の先行予約販売を目標に開発し、2017年には一般販売を予定している。さらに2018年には、折り畳み機能に分配収納機能を追加した製品を、介護福祉施設や病院向けに販売。
 2019年までには、洗濯乾燥機に折り畳み機能を加えたオールインワンモデルを販売。さらに先には、ビルトインモデルの開発販売を目指すという。

出典 http://kaden.watch.impress.co.jp

良かった・・・。生きているうちに間に合いそうだ・・・・。

CEATEC会場では、乾燥済みのTシャツを使ってデモンストレーションを行なった。1枚のTシャツを同機に入れると、庫内で衣類の種類を判別。種類に応じて最適な畳み方をする。  一度に折り畳める量は、40枚の衣類。40枚を投入した場合には、3~6時間程度の時間を要するという。なお実演では、1枚のTシャツを畳むまでに10分弱かかっていたが、製品化までには時間を短縮できるとしている。

出典 http://kaden.watch.impress.co.jp

 一般的な家庭で、一生のうち洗濯作業に費やす時間は約1万8000時間と言われているそうです。そのうちの約50%である約9000時間が洗濯物を畳み・分配し・運んでいる時間に該当。各家庭一人が担当したとすると、人生において約375日をこれらの作業に費やしている事になるのだとか。つまり、ランドロイドによって、人生における9000時間が開放されるというわけです。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

いかかでしたか?
価格はまだ未定との事ですが、衣類の種類別をして種類に応じた畳み方をしてくれるなんて凄いですね!近い将来、一家に1台当たり前に存在するかもしれませんね・・・。

そして、9000時間余ったら一体皆さんは何をしますか?
とりあえず私は、ゆっくり寝たいと思います。

この記事を書いたユーザー

松田トロ このユーザーの他の記事を見る

不定愁訴が多いワーキングママ。3人の子供(年長双子と小学生)の子育て漫画を趣味で描いてます。「松田家は今日も大騒ぎ?!」http://ameblo.jp/akaruiao/漫画、アニメ、お笑い、リカちゃん人形ラブ♡

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス