二人が誕生したのは今から遡る事20年前の1995年。
母親のヘイディさんは当時妊娠6か月
安定期に入って少し経ったばかりの頃でした。

突然襲ってきた痛み、早すぎる陣痛。
彼女は緊急病院に搬送され、
早産で双子の女の子を出産したのです。

6か月という早産、体重も僅か900gという超未熟児で生まれた双子のブリールとカイリー。直ぐに二人とも別々の医療保育器に入れられ24時間体制での看護が始まりました。
しかし、病院関係者は二人が助かるとは思わなかったそうです。

二人は常に死の危険と直面しながらも懸命に生きようと呼吸します。
そんな二人のうちの一人、ブリールが危篤状態に。
心拍数の減少、血圧の低下。そして体温も下がり身体は青白く血の気が引いてきました。

”もうダメだ”

看護師はブリールに最後の別れを、とカイリーの保育器へ。
お腹の中で6か月共に過ごした姉妹を最期のお別れに、と寄り添わせたのです。

そしてその直後、思いもよらない奇跡が!

何と、隣に置かれたブリールにカイリーが腕を回し、抱き寄せたのです。

するとなんと、危篤状態だったブリールの血圧が再度上昇
心拍数も上がり容体が安定したではありませんか。

出典 https://www.youtube.com

命の危機を脱した二人はその後、重い障害も残ることなくすくすくと成長。

両親も病院関係者も、この信じられない奇跡に驚愕。

”命の抱擁”と名付けられた写真は雑誌や新聞でも大きく取り上げられ、
双子の生命の神秘は沢山の人に感動を与えました。

成長した今も、ふと考えている事が同じことだったり、
喋りだすタイミングが一致したり、双子ならではのシンクロ現象が日々多く起こるという超仲良し姉妹の二人。
これからも二人に沢山の笑顔が訪れますように。

出典 YouTube

その他、合わせて読みたいお勧め最新記事↓

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス