メジャーではなく、インディーで活躍することに価値を見出し、ヒップホップシーンを筆頭に多くの若者から圧倒的な支持を得ているヒップホップアーティスト・AK-69(エーケーシックスティーナイン)をご存知ですか?

なんと、2014年度、15年度のプロ野球選手入場曲に使用されたアーティスト1位として話題になっているのです!一体、AK-69とはどんなアーティストなのでしょうか?早速、まとめてみました。

AK-69とは一体どんなアーティスト!?

出典 https://www.facebook.com

名前:AK-69(エーケーシックスティーナイン)
出身地:愛知県小牧市
職業:ラッパー、実業家
所属レーベル:MS Entertainment

今は亡き名古屋のレジェンドラッパー・TOKONA-Xが所属していたグループM.O.S.A.D.が2002年にリリースしたクラシック級のアルバム「THE GREAT SENSATION」にAK-69、Kalassy Nikoffの両名義で初の音源化を果たし、名古屋シーンで着々と知名度を上げ、2003年にリリースされたTOKONA-Xの「Let me know ya.. feat.Kalassy Nikoff」で名前は全国区に!

こちらがその大ヒット曲「Let me know ya.. feat.Kalassy Nikoff」

出典 YouTube

曲名のクレジット表記に記されている「Kalassy Nikoff(カラシニコフ)」は、AK-69がシンガーの時に使う名義であり、この楽曲ではラッパーではなくシンガーとして客演をしているのです。ラッパーの時とは違う美しい歌声が話題になりました。

当時、日本の一番の有力ヒップホップレーベルといわれていた「Def Jam Japan」から、この楽曲はリリースされMTVなどでも度々PVが流れ、名古屋だけに留まらず、全国のヒップホップシーンに影響を与えたのです。10年以上前の曲なのですが、今でもクラブで頻繁にかかるビックチューンとなっています。

アルバム「The Independent King」がオリコン2位を獲得!

出典 http://item.rakuten.co.jp

メジャーとは契約せずあえてインディーで活動するAK-69。数多くのライブをこなし、シングルも立て続けにリリースしたことにより、インディーアーティストにもかかわらず、2013年にリリースしたアルバム「The Independent King」はオリコンの総合チャートで2位を獲得したのです!

インディーにも関わらず日本武道館でのワンマンライブを成功させる!

出典 http://natalie.mu

2014年3月5日には、初の日本武道館単独公演「Road to The Independent King ~THE FUTURE~」を開催。開催された日は平日、そしてインディーズアーティストとしての日本武道館公演は異例なのにかかわらず、下積み時代から変わらない「勝ちより勝ち方にこだわる」スタイルを貫き、満員御礼で成功を収めたのです。

武道館ライブを収めたDVDがオリコン1位を獲得!

出典 http://www.ak-69.jp

AK-69のキャリア初アリーナツアーと武道館の公演を収録したDVD「Road to The Independent King 〜ROOTS & FUTURE〜」は、なんとオリコン1位を獲得し、歴代ヒップホップソロアーティストとしても最高位を樹立したのです。

14年度&15年度のプロ野球登場曲使用数で2年連続1位を獲得!

出典 http://natalie.mu

そして、現在プロ野球で打者がバッターボックスに入る前に流れる登場曲で一番使われているのが、AK-69の楽曲。なんとあのEXILEやミスチルを抑えて、14年度&15年度と2年連続で1位を獲得しています。

中日ドラゴンズの谷繁監督もAK-69の大ファン!

出典 http://all.instagrammernews.com

AK-69の楽曲は、中日ドラゴンズ監督の谷繁元信、大野雄大、朝倉健太、ヤクルトスワローズの山田哲人、小川泰弘、読売ジャイアンツの久保裕也、ソフトバンクホークスの中田賢一、大隣憲司らが使用。ちなみに2014年度は25選手、2015年度は20選手もの方たちがAK-69の楽曲を使用しているのです。

さらに、2014年度の中日ドラゴンズのスローガン「START IT AGAIN 強竜再燃」は、AK-69の「START IT AGAIN」という楽曲からインスパイヤされていたのです。この楽曲は、中日ドラゴンズのファンにはお馴染みの楽曲となっています。

「START IT AGAIN」

出典 YouTube

こちらが中日ドラゴンズの谷繁監督がインスパイヤされたというAK-69の楽曲「START IT AGAIN」。2014年9月23日には試合前にナゴヤドームのグラウンドでライブも行っています。

出典 YouTube

2012年にはドラゴンズの始球式にも登場!

世界初防衛に成功したボクシングの井岡選手もAK-69を登場曲に使用!

出典 http://prcm.jp

野球だけにとどまらず、ボクシングでは、世界最速で3階級制覇王者になった井岡一翔選手や八重樫東選手、宮崎亮選手などもAK-69の楽曲を登場曲にしているのです!

出典 YouTube

こちらが井岡選手の登場曲となっている楽曲「IRON HORSE -No Mark-」。2009年にリリースされオリコンチャートで最高13位を獲得。ストレートで力強いリリックが闘争心を掻き立ててくれますね。

全米トップクラスのラッパー・FABOLOUSとコラボも実現!

出典 http://www.ak-69.com

昨年では、高いファッションセンスとクールなスタイルで有名なラッパー・FABOLOUS(ファボラス)とコラボを実現し、シングル「Oh Lord Featuring Fabolous」をリリース。

出典 http://www.sun-a.com

ストリートファッション雑誌「411」の表紙でもコラボし、ヒップホップヘッズの中でも大いに話題となりました。

「Oh Lord Featuring Fabolous」

出典 YouTube

こちらがFabolousとコラボした楽曲「Oh Lord Featuring Fabolous」。二人のラップのスキルも凄まじいのですが、ファッションセンスも見逃せないところ。

そんな世界をも股にかけるAK-69がAmeba Owndをリリース!

出典 http://www.ak-69.jp

新たに開設されたAK-69の「Ameba Ownd」では、AK-69本人がブログをアップ!さらに過去のMVの視聴やライブグッツの通販など見逃せないニュースが盛りだくさん。AK-69のヘッズは、毎日欠かさずチェックをしておきましょう!

「逆境だからこそやる意味がある」と豪語する通り、メジャーと契約せずインディーで活動し、自分のスタイルを貫くAK-69。野球やボクシングなど戦うフィールドは違えど、お互いに日々闘い続け繋がった「闘いと音楽の繋がり」をさらに広めてくれることを願い、AK-69のさらなる活躍に期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

Sachiko このユーザーの他の記事を見る

世の中の数ある面白いモノを沢山の人に届けて、笑顔にできるような記事を執筆していきたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス