Licensed by gettyimages ®

昨今、女性の一人暮らしを狙った事件やストーカー事件など、他人事とは思えない事件が多発しています。

このような状況を鑑みて、オートロックや警備会社に加入している物件を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

しかし、いくらそういった設備が整っていても死角というものは存在します。その一つが密室になるエレベーター。

マンションではなくホテルですが、こんな体験をした女性がいました。

ホテルのエレベーターで同乗した男性が…

なんの企みもなくエレベーターを利用するのであれば、階数ボタンを押すはずですし、速やかに自分の部屋に入るはずです。

明らかに不審者!

駆け込まれると、たしかに対処しにくいですね。混み合っている時も、ボタンから遠い場所に詰めて乗ると「○階お願いします」と言わざるを得ません。

ウロウロする時点で不審ですしね…「あれ?」と思ったら、速やかに相談しましょう。

ホテルの内線は、基本的に部屋番号で繋がるようになっていますから、部屋を特定されることは非常に危険とも言えます。

この女性の場合、被害にあったのがホテルなので部屋を変えてもらうこともできますが、もしマンションなど自宅であれば簡単に引っ越すことは難しいので、より危険度が高いのです。

そして、同じような経験をした方もいらっしゃいました。

意外と多いエレベーターでの不審者

怖すぎる…一人暮らしなら尚更。

オートロック開けたところから付いてこられたら、住人なのか不審者なのかもわかりませんよね。

エレベーターに乗り込むのを確認されるなんて…。

お子さんが1人でエレベーターを利用している時に、不審者と出くわす可能性も考えなければいけませんね。

同乗者がたくさんいても、こんなことがあるとは。

たとえ相手が女性でも、全裸でドアノブいじられたら恐怖です。

さて、こういったエレベーターでの防犯対策も紹介しておきます。

エレベーターでの防犯対策

ボタンの盤面に背を向けてしまうと、いざという時に非常ボタンが押せなくなってしまいます。

万が一を考えて、押せる位置に立つことを推奨していました。

ダミーの階でボタンを押すというのも選択肢の一つです。

部屋に戻る時に階段移動をするのは疲れるかもしれませんが、これも防犯の一環。

周囲を警戒しながら歩くと、かえって自身が不審者と誤解されかねませんが、おかしな様子の人がいないかはチェックした方が良いと思います。

季節を問わず、犯罪はいつ起きるかわかりません。

エレベーターは密室になるだけではなく、最悪自宅を特定される危険性もあります。

安全に過ごすために出来ることから実践してみましょう。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス