記事提供:いいモノ調査隊

最近仕事帰りにスーパーに寄るのが日課になりました。主婦気分のはづきです、こんにちは。

毎日のようにスーパーに立ち寄っては、少量ずつお買い物しているので、狭い自宅に中途半端なサイズのレジ袋が散乱するようになってきました。

大きいサイズのレジ袋であれば、そのままゴミ袋として利用するのですが、中途半端なサイズってなかなか使い道が見出せず、溜まっていってしまいます。

近年、マイバッグを推奨してレジ袋を有料化したり、レジ袋辞退で何円か引いたりしてくれるスーパーが増えましたね。

筆者が足繁く通う近所のスーパーは、レジ袋辞退で2円引きらしいのです。毎回のお買い物で2円も引いてくれるのに…筆者はみすみす逃しております。

だいぶ前に、エコロジストを気取ってマイバッグを購入してはみたものの、実はほとんど出番がなく…。

休日に「スーパーに行くぞ!買い物するぞ!」という気持ちの時は忘れずに持って行くのですが、筆者の場合スーパーに寄るのはたいてい仕事帰り。

なおかつ、立ち寄っても買わない場合があるのです。だんだんじゃまになって、いつの間にかバッグの中からいなくなっておりました。なので、今回はエコバッグ以外で何かないかと探してみたところ、出会いました!!

「+d(プラスディー)Pocket(ポケット)」です!

一見なんだかわからないですよね?「Pocket」は、レジ袋や薄手のポリ袋などをコンパクトに収納して、スマートに持ち運べるホルダーなのです。

筆者のiPhone 5sと比較してみてもこんなにコンパクト!(幅43mm×奥行き27mm×高さ50mm)

バッグにつけてみました!

軽いので付けている感じがなく、レジ袋が中に入っているなんてぱっと見ただけではわかりません。購入したらすぐ使用できるように、本体の中にはすでにレジ袋が1枚入っていました。

取り出してみましょう。

レジ袋は幅255mm×高さ480mmと意外と大きめ。

小さい本体から、結構大きめのレジ袋が登場したことに少し驚きました。これなら帰りにスーパーに寄ってお買い物をしても問題のない大きさですが、もう少し大きいレジ袋も収納できそう!

レジ袋を出してしまったので、今度はお買い物に備えて収納してみましょう!ただし、ぐしゃっとしただけでは、Pocketの中には入りません。特に決まったたたみ方はないのですが、コツは、レジ袋をひたすら小さくきれいにたたむことです!

もっと小さくたたむと、収納しやすいです。

本体を裏返しにして、レジ袋をのせたら、くるりん、とします。

写真ではわかりにくいので、動画も撮影してみました!すごく簡単ですよ。

本体は伸縮性のあるするシリコーン製なので、さまざまなサイズの袋に対応が可能だそうです。小さいレジ袋だと2~3枚入るのとのことでしたので、幅15mm×高さ約310mmの小さめのレジ袋を3枚収納してみました。

この枚数を収納できました!がんばれば、もう1枚入ってしまいそう…?

今回使用したような小さいサイズはお買い物向きではありませんが、ペットの散歩時や、近くにゴミ箱がない場所での一時的なゴミ箱代わりとして数枚をスマートに持ち運べるので、とても便利です。

石油だけではなく、さまざまな資源の枯渇問題が叫ばれる昨今。もっと地球に優しくなりたいなーと改めて感じた筆者は、Pocketを毎日身につけて…2円引き(何か違う)!そんな不純な動機でも、よいのではないでしょうか?

Pocketのカラーは、今回ご紹介したネイビーのほかに9色(グリーン、オレンジ、ブルー、ホワイト、ピンク、ライトグリーン、イエロー、ブラウン、グレー)の全10色があるので、お好みの色をチョイスして、スマートエコライフを始めましょう!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス