きっかけは、お子さんの算数のテストの採点に疑問を感じたお母さんのつぶやきでした。

疑問に感じたのはこのテストの、先生からの採点とコメント。

「1袋8個入りのチョコレートが7袋と、袋に入っていないチョコレートが17個あります。全部でチョコレートは何こありますか」という問題。

これに「8×7+17=73」と答えて、不正解がついてしまったというのですが‥これ、合ってますよね?

正しい答えとは?

お母さんが先生に直接質問してみた所、「8×7」を「8+8+8+8+8+8+8」と書かなければ不正解だったのだそうです。理由はまだ掛け算を習っていないから。予習して学んだことは、習うまで使用禁止だという返答だったといいます。

この返事に、それはオカシイのでは?というコメントが殺到

『俺だったら「おっ 習ってないのによく知ってるねぇwwwwww〇だwwwwww」だけど』

『間違っていないと思うし、学校で習って居なくて答えられるのなら、予習をしているって事だし、それは称えるべきだと思うんだけどな…。』

『なにこれ?とかこわい』

『教えてないから足し算でやってほしいなら、足し算を使って答えを出してね!っていえばいいのになって思うんだけどな』

『習っていない理由で正解のものが不正解にされる理由なんてないのに。それにしてもこれは・・・ひどいですね。』

『この設問を読んで「掛け算と足し算の組み合わせだ」と気づけるのは、掛け算も足し算もきちんと身についているからだと思います。掛け算習ってないのに身についてるのは、よく勉強してるからだと思います』

『正解なのに不正解にされてしまったら、子供自身は混乱してしまうと思います。』

一方、自分の所もそうだったというコメントも

『習ってないから不正解は私が小学生の頃にもありましたがまだあったとは…』

『小学生の頃 授業で習ってない漢字使うの禁止だったから 名前がいつまでも全部漢字で書けなかった』

『私が小学生の時も習ってないことを知っていたらブチ切れされた経験あります』

『私も昔、食塩と回答すべきところを、NaClと書いてピンをもらったことがありました。その際の担任のピンの理由は習ってないから』

『似たような経験僕にもあります。その時先生が教えてくれたのは、小中学校で習うべきメインテーマは「平等」なので授業で習ってない公式などを使ってテストの点に差が出るのは不平等であり、間違っているそうです。納得出来ませんが。』

予習する事で不正解になったら子供がやる気を無くすのでは?

『 これじゃ勉強する気失せちゃいますって(´・ω・`)』

『子供の探求心を削ぐ態度としかいくら考えても思えませんし、取れませんでしたね!』

『せっかく予習したのに…とならなきゃいいですが…』

『8の段を予習して覚えたのに先生に何これとか書かれるとやる気なくなる気がする。』

『子供目線では何が正解で何が不正解なのか混乱の元ですよね。勉強嫌いになりそうで心配です』

この採点方法は正しいのか?

他の学校やクラスでも同じ様に採点しているという事で、間違ってはいないという考えの人もいる様です。また、社会に出たらそんな不条理ばかりだからそれを勉強する事になるという意見もあります。果たして本当にそうなのでしょうか?

筆者としては、自分から積極的に勉強して得た知識を「習っていないから不公平」という理由で不正解にされてしまう事は、子供にとって悪影響はあっても良い結果は得られないと思います。

しかし今も昔も、この採点方法は多くの学校で行われているものの様です。この採点方法、みなさんはどう考えますか?

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス