トヨタの高級ブランド『レクサス』が10月5日、ダンボールで製作した“折り紙レクサス”を発表しました。

英国トヨタのレクサス部門が製作したコチラの段ボール製レクサス。ボディはもちろんのこと、ハンドル、ミラー、タイヤなど、細部に至るまでダンボールで製作。また、サイズは当然の事ながら実物大であり、しかも、走る事まで出来るんです!

レーザーカッターでカットされた段ボール。その数はなんと1700パーツでして…

接着剤の厚さも計算し組み上げていく…精密さを要求される作業は

完成に約3ヶ月の期間を要したそうです。

なお、走行を可能にする為、エンジンとホイール、ライトだけは、段ボール以外のモノ(アルミニウム等)を使用しているそうですが…

シートや

ハンドル周り。

そしてタイヤ等、段ボールによって、完璧に再現されたレクサス。これはもう…天晴れとしか言い様がありません。

美しすぎる曲線。カッコ良すぎ!

ちなみに、今回のプロジェクト。目的は

デザインや技術、職人の技の限界を極めること

であり、製作にあたって、職人たちは、利き手ではない方の手だけで“折り紙”を折るなどして、器用さを磨いたとのことです。

では、職人達の“本気”が垣間見れる…段ボール製レクサスの製造工程動画。ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

“ものづくり”の精神を受け継いだ…素晴らしい段ボール製レクサス。なお、この作品は、10月8〜11日にイギリス・バーミンガムで開かれるGrand Designs Liveショーで展示される予定となっています。

もはや完全にアートな…段ボール製レクサス。興味を持った方はレクサスのHP。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス