いろいろな物を比較してします検証シリーズ。今回はキッチンペーパーの比較です。キッチンペーパー何てどこもだいたい同じでしょ?はい。私にもそう思っていた時期がありました。。。今回比較するのは、どこにでもある市販のキッチンペーパーと、もう一つはコストコで売っているキッチンペーパーです。コストコのキッチンペーパーは丈夫なことで有名ですが、どれくらい丈夫なのでしょうか?

カズチャンネルのカズさんです。

これがコストコで売っているキッチンペーパーです。まずサイズが規格外です。12個入りでお値段は2000円ほどですので、

おひとつ約160円ほどです。そこまで高くありませんね。

さて、コストコのキッチンペーパーの人気のポイントは丈夫さコストです。水にぬれても使える丈夫さは頑固な汚れ落としや、吸水性に長けているので非常に使い勝手がいいのです!

それでは丈夫さを見ていきましょう。

まずは一般のキッチンペーパーを水に濡らしてみましたが……それだけで破れることはなかったです。笑 ただ、

軽い力で引っ張るだけで直ぐに破れてしまいました。やはり、耐水性は低いようです。次に、コストコのキッチンペーパーを見てみましょう。

もちろんこちらも水に濡らすだけでは破れませんでした。また、先ほどと同じくらいの力で引っ張っただけでも破れることはありませんでしたが、2倍くらいの力で引っ張ったら破れてしまいました。

力で引っ張る場合は、毎回同じ力を加えるのは難しいので、今度は水に当てて破れるまでの時間で確認してみました。

一般のキッチンペーパーの方は広げて、中央に水を当て始めると徐々に溶けるような感じになっていき、ゆくゆくは穴があいてしまいました。

コストコの方のキッチンペーパーは、水に当てるだけでは溶けていく事はなく、30秒ほど続けましたがダメージが見受けられませんでした。やはり耐水性が強く丈夫なのは確かなようです!

見た感じもただ濡れているだけで特に破れなどは見受けられません。キッチンペーパーというよりは、薄いタオルに近い感じですね!

場所によっては購入が難しく、ネットで購入すると4000円ほどまで膨れ上がってしまいますが、これは一度は使ってみたいですね!コストコがお近くにある方は是非一度お試しあれ!!

▼大きくて、丈夫で、コストパフォーマンスに優れたキッチンペーパーはこちらから

出典 YouTube

人気の動画をもっと見よう!

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス