今回は「卵の殻」を使って作る、簡単オシャレな100均リメイク術と、すごく可愛いくてプレゼントにも最適な「エッグキャンドルの作り方」をご紹介致します。

多肉ちゃんの植木鉢に

卵の殻をこんな風に植木鉢にすると凄くオシャレで便利です。

100均大手ダイソ—の園芸用品売り場では、各種多肉植物や培養土なども手軽に入手できますので、簡単に作れます。

また100均の「フェイクグリーン」という造花を使うと、もっと手間要らずで出来上がると思います。

必殺セリアの転写シール!

出ました!100均ショップ「セリア」の必殺転写シール!

男前に仕上げたい方には是非オススメのリメイクで、とてもクッキリと転写出来ます。

使い方は簡単で、お好みのデザインの転写シールを卵の殻に貼り付け、殻が割れない様に付属の棒でしっかりとこすったら、後はシールをゆっくり剥がすだけです。

並べるだけで可愛い

上手に貼り付けたら、拾ってきた松ぼっくりの横へ「並べるだけ」でも、すごく可愛くて絵になりますね。

箱に入れる

箱に入れてもイイ感じです。

この方は箱にセリアで売っている「英字新聞ぺーパー」か「英字ペーパーナプキン」をあしらっていますね。マスキングテープを貼ってもオシャレだと思います。

吊るしてみる

吊るすと更にオシャレ感がUpして、もうこのままお部屋のオブジェとして活躍できると思います。

ちなみに。。。↓

ダイソ—の吊り下げバスケット

ダイソーにはこんなオシャレな「つり下げ式のバスケット」が売っていますので、チェ—ンを延長したり、もう少し浅底のアイアンバスケットに変えると、オシャレな作品に仕上がると思います。

ちなみにダイソーでは、チェーンやアイアンバスケット自体も、沢山の種類から選べるので便利です。

専用のエッグスタンドで見栄えよく

コチラの作品はワイヤーアートで卵の殻に合わせた「自作のエッグスタンド」を作り、とってもオシャレに仕上げています。

100均ではワイヤーアート用の針金も各種揃っていますので、すぐに作れると思います。

エッグキャンドルにしてみる

とても素晴らしいですね。既製品には無い「手作り感」あふれる斬新なデザインの作品です。

この方は自作のエッグキャンドルにスタンプを押して作ったそうですが、コレ、筆者が別記事でご紹介しているセリアの「クッキースタンプ」がそのまま使えると思います。

さて、ココからは100均素材を利用した「エッグキャンドル」の作り方をご紹介致します。オシャレに出来上がりますので、プレゼントなどにも最適です。

100均素材で作るエッグキャンドル

まず、お好みの色の食紅をコーヒーカップなどに水で溶き、酢を少量たらします。酢を入れると殻の「発色」が良く成るそうで、食紅は100均の調味料売り場で手に入ります。

色を作ったら卵の殻をその中に沈めると、約10分程度でほんのりと淡い色が付いて来ます。よりクッキリ色を出したい場合は、様子を見ながら少し長めに漬けましょう。

食紅から出しよく乾かす

イイ感じに染まっていますね。

お好みの色が出たら食紅から出し、逆さに並べてよく乾かします。

出来上がりはこんな感じ

乾いたら殻の出来上がりです。

こんな風に手に持って日にかざすと、着色の具合がよく分かると思います。

ダイソーのアロマティーキャンドル

そして今回オススメするのがコチラ!

ダイソーの「アロマティーキャンドル」です。15個入りで100円と、もの凄くリーズナブルな品で、アロマテラピーだけではなく、停電の時や、野外キャンプの時などにも大活躍します。

これを。。↓

お鍋で溶かし

中身をロウソクの芯ごとスプーンなどでえぐって取り出し、お鍋に入れて溶かします。上記の写真ではロウがフレーク状に成っていますが、作製イメージなので気にしないで下さいね。

ロウが溶けたら「ロウソクの芯」をお箸などでつまみ上げて取り出し、着色した卵の殻の底に置いて行きます。ロウソクの芯には確か金具が付いていたと思いますので、垂直に置けると思います。

あとは殻にロウを注ぎ入れて出来上がり!

これは卵の殻に加熱したロウを注ぎ入れた直後ですね。ロウが白く成って固まれば出来上がりです。

並べると凄くオシャレ!

こんな風に卵の容器へ並べてみてもオシャレですし

1個ずつでも素敵!

エッグスタンドに1個ずつ取り分けても素敵ですね。火を付けてみると。。。↓

コチラは殻の周囲に小さい貝殻をあしらったとても可愛い作品です。

こんな風に周囲を少し暗くすると、すごくエキゾチックな雰囲気で、思わず見入ってしまいますね。


オマケ:卵の殻に文字を浮かび上がらせる方法

出典 http://nwpicchio.blog38.fc2.com

※写真はイメージです。

コチラではオマケとして、卵の殻を着色する際に文字やデザインを「浮かび上がらせる方法」をご紹介したいと思います。

やり方は簡単で、卵の殻を食紅溶液で着色する前に「クレヨン」で文字やデザインを描き、その後食紅溶液に漬けると、その部分がマスキングされた様な状態に成り、文字やデザインが浮かび上がって来るそうです。

詳しい手順は下記リンクに紹介されていますので、興味のある方はご参照ください。

この記事を書いたユーザー

aki_5555 このユーザーの他の記事を見る

ジャンルにこだわらず、自分が面白いと思った事を発信したいと思います。
猫好きでオス猫(写真の猫)を1匹飼っています。

twitter  https://twitter.com/sanada748
Google+ https://plus.google.com/110154676706611099251

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス