子どもから大人まで、その愛らしいルックスとキャラクターで人気を博した“まいんちゃん”こと福原遥さん。可愛らしく元気なキャラクターは彼女の代表作として名を残しています。

しかし、明るいキャラクターの裏側で苦悩もありました…。

「まいんちゃん」とは?

まいんは、アイドルを目指している小学五年生で、夢見がちが玉にキズの女の子。長かったレッスン期間も終わってやってきたデビューの日、初めての歌番組で、そのひらめきから歌詞を間違えて大失敗し、歌番組への出演を禁止されてしまう。

出典 https://ja.wikipedia.org

まいんちゃんとはNHKEテレの子供向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のメイン・キャラクターである少女・柊まいんのこと。

福原遥さんは2009年3月から2013年3月まで(11歳時から15歳時まで)まいんちゃんを演じました。福原さんの卒業とともに番組も終了しています。

福原遥さんとまいんちゃんの出会い

「まいん」のオーデを受けたのは、当時話題となっていた、ピンクの電動鉛筆削りが欲しかったから。「合格したら買って上げる」と言われ、それが目的でがんばり、見事合格を果たす。よって、決して芸能のお仕事に強い思い入れがあったわけではない

出典 http://pichimo.com

──今の福原さんにとって、まいんちゃんというのはどんな存在なのですか?
福原 これからもずっと大切な存在だと思います。まいんちゃんをやってなかったら、もしかしたら芸能界もやめてたかもしれないですし…。

出典 http://www.oricon.co.jp

福原さんは小学校一年生から、NEWSエンターテインメントに所属しタレントとして活動し始めています。

オーディションを受けたきっかけが、ピンクの電動鉛筆削り欲しさにというところが福原さんのピュアさを感じますね。そんな動機で始めた「まいんちゃん」ですが今では福原さんにとって大切な存在になっているようです。

人の目も見れないくらいの人見知りだった

──小1でデビューして、まいんちゃんとの“出会い”が11歳のときですよね。その前まで芸能のお仕事は好きじゃなかったんですか?

福原
 好きじゃないというより、人の目も見れないくらい人見知りだったので、私は芸能界に向いてないんだろうなって思ってたんです。

出典 http://www.oricon.co.jp

そんな福原さんに対して、番組がスタートする前に番組スタッフが一緒にゲームをする時間を作ってくれたそうです。そうやってスタッフ緊張をといてくれたので、初回放送から「まいん」を楽しんで演じられたそうです。

当時のスタッフには感謝しかないと語っています。

「家に帰ってから泣いていた」過去

「まいん」のスタッフさんには感謝しかないです。本当にいろんなことを経験させていただいて。でも「まいん」をやってる間に、泣いちゃったことも何回かありました。

出典 http://news.nicovideo.jp

一番覚えてるのは初めてのアフレコのとき、ベテランの声優さんたちの中、私一人だけ全然うまくできなかったんです。それが悔しくて、現場では泣かなかったんですけど、家に帰ったらわーっと涙が出てきて…。けっこう私、悔しいと泣いちゃうんですよ。

出典 http://www.oricon.co.jp

声優というのは専門の技術を必要とします。小学生だった福原さんにとってとても難しいお仕事だったようです。それでも約5年間勤め上げたのだから素晴らしいですよね!

そして、まいんちゃんからの脱皮

まいんちゃんを卒業後、福原さんはピチレモンのオーディションに応募し、見事合格。総選挙においても上位争いを繰り広げるなどファンの多さを示しました。

中1の冬、2012年実施「第20回ピチモオーディション」に応募。グランプリを獲得し、同年7月号より、ピチレモン専属モデル。

出典 http://pichimo.com

モデルの仕事もはじめは戸惑いも多かった

しかし、はじめは慣れないモデルの仕事に戸惑い、悩んだことも明かしています。

恥ずかしいんですけど、モデルのお仕事を初めたばかりの頃もしょっちゅう泣いてましたね。自分からモデルになりたいと言ってオーディションを受けて『ピチレモン』のモデルになったんですけど、先輩モデルさんたちみたいにぜんぜん上手にポージングができなくて。

出典 http://news.nicovideo.jp

できないことがあると燃えるタイプなので、泣き止んだら即練習って感じでした。みんなに言われるんですけど、小さい頃からすごく負けず嫌いなんですよ。学校の勉強でも九九が覚えられなくて、すごい頑張ったことを覚えてますね。

出典 http://news.nicovideo.jp

持ち前の明るさと、その努力の成果か、多くのファンを獲得しました。

ピチモ加入直後に実施された、三月の転校生主催「ピチモ総選挙2012」において、イキナリ2位を獲得。

2013年7月実施の「ピチモ総選挙2013」において、第1位となる。

出典 http://pichimo.com

2015年6月にリニューアルされた『Pichile(ピチレ)』第1号では単独で表紙を飾っていました。

ピチレモンが休刊となった現在ではPichileの専属モデルに就任し、研音グループに移籍して女優として積極的に活動することを目標にしています。

その明るく可愛いキャラクターで同年代の子も大人も魅了してきたこと福原遥さん。今ではすっかり大人になりモデルとして大活躍しています。

現在は演技の勉強もされているようなので、いつかドラマや映画の主演として見かける機会もそう遠くないかもしれません。これからの活躍も注目していきたいですね!

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス