記事提供:まぐまぐニュース!

日本の航空会社でダブルブッキングが起こった場合、丁重にお詫びをされるはず。しかし、その常識はアメリカでは一切通用しなかった!?

マンハッタン在住で米国邦字新聞「WEEKLY Biz」発行人・高橋克明さんのメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by高橋克明』で、アメリカの航空会社のまさかの対応が語られています。

アメリカってこんな国

出張。たぶん50回目くらいのロサンゼルス。一睡もせずに早朝JFKへ。搭乗すると僕の席に、すでにメガネの初老の白人女性が座ってました。間違いなく僕の席。

「Mrs.、そこたぶん僕の席です」

おかあさん、僕を一瞥してひとこと「NO」と言って、次の瞬間には読んでた雑誌に目を落とします。いや、いや、確認してよ。狭い通路、後ろから来る人も(僕に)怒ってます。

揉めてるうちにCAがめんどくさそうにやってきて、さすがにオバサン、CAには自分のチケットをしぶしぶ見せました。航空会社のミスらしく、ダブルブッキング。僕とその女性の搭乗券には同じ席番が記載されていました。

「See!(ほらっ!)」と勝ち誇った顔で僕を見るけど、オレも間違えてないんだけどな。とりあえずぐっと我慢しました。

CAのお姉さんに、とりあえずなんとかするから待ってて!となぜか半ギレ気味に言われ、その場に僕は携帯まくらを持ったまま放置されました。後から入ってくる人、くる人に、迷惑そうな顔されます。

こんな場合、アメリカでは、日本の航空会社のように「大変申し訳ございません!このまま少々お待ち頂けますか」と謝られることは皆無です。

被害者の僕のほうがなぜか怒られてる感満々です(それ以前に、日本では、ダブルブッキングされた場合、先に座ったもん勝ち!な空気もない)。

全員が着席するまで、文字通り居場所もないまま、狭い通路で待たされる。もう15年もこの国で生活すると慣れてきたなぁ…日本という国のほうが世界ではまれなんだろうなぁ…とか、ぼーっと考えていたところ。

全員満員ブックになりました。空いてる席がない

メガネのオバサン、当然の権利のように座ったまま。CAさんたち「困ったコね~」みたいな感じで、枕を抱えたまま通路に立ってるアジア人(僕)に視線を向けてくる。どうするんだろう…と(なぜか)申し訳ない気持ちで(全然悪くないのに)立っていると、

機内に呼ばれたであろう、スーツを着た責任者(50代?インド系)のおっさんがズボンに手を入れたままやってきました。CAさん、「あれよ、例の問題児」みたいな感じで僕を指差します。

ジェネラルマネージャーと書かれたネームをした、その小男「あー、あいつか」とズボンのポケットに片手を突っ込んだまま、もう片方の手でちょいちょいと僕を呼ぶ。なんだよ、と日本語で僕も行く。

「っったいっっへん、申し訳ございませんッ!!!弊社のミスでございます!!お客様には多大なご迷惑をおかけ致しましたので、ファーストクラスをご用意させて頂きますので、

もし可能でございましたら、次の便への変更をして頂けませんでしょうか。なお、お食事等ももちろん弊社にて持たせて頂きますので」

…と謝ることなんてあるわけなく

まさかのアメリカの航空会社の対応とは

おもむろにイキナリ僕の肩に腕を回してきて、「なぁ、朝メシ食ったか?」はぁ?

「そこにSbarroあるからさ。おごってやるよ」そことは、空港内のフードコート。Sbarroとは、全米どこにでもある、やっすいファーストフード

ニヤニヤしながら「人生そんなに焦ってどうすんだよ、のんびり行こうぜ。80分後にロス行きのフライトがあるからさ。それに乗んなよ。悪いこと言わない。Sbarroで好きなもん食ってから行ったほうがいいって」

先にまず謝れよ


いまのとこ“SORRY”のひとことも聞いてないぞ。なんて、言うつもりも、もうありません。この国のサービスに対して。

「悪いけど、ロスの空港に人待たせてるんだ」なんとか自分を抑えて穏便に断りました。(チッと舌打ちされたときはさすがにキレそうになったけど)。

そのあと、CAが場内アナウンスで、乗客の中から、次の便に変更してくれる人を募る。その間もオレ通路立ちっぱなし。

機内、まだ離陸できないのは、こいつのせいって言われてるみたい(笑)。機内、僕のせいでフライトできない空気が蔓延。結構、みんなに睨まれる。そのとき20代の女性が手を挙げて「アタシ、別に急いでないから」と立候補して席を立ちました。

場内からは「おー!」と賞賛の声。パチパチと拍手するひとまで。「それにひきかえ、おまえは」みたいな目でみんなに見られる。彼女とすれ違う際、絶対言うまいと思っていた言葉が我慢できず、つい出てしまいました。

I'm sorry…


カチューシャをしていたその子は「That's OK!」と微笑みました。6時間の機上。窓の外、涙をこらえて見る。これがアメリカです。憧れることなんて一切ないよ。日本の航空会社だと、どんな対応してくれるんだろう…。もう忘れてしまったことが悲しい。

少なくとも、Sbarroではないはずだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス