記事提供:しらべぇ

今年の12月に映画『スターウォーズ』の新作が公開されるということで、およそ10年ぶりのスターウォーズブームとなっている。

ジェダイの騎士がライトセーバーで戦う姿に憧れて、傘や新聞紙を丸めたもので、友達とライトセーバーごっこと称したチャンバラを楽しんだ人もいるのではないだろうか。

大人になった今、そんな遊びはできないが「武器を持ってカッコつけてみたい!」という人に、東京秋葉原にある「武装商店」を紹介しよう。

場所は秋葉原駅から中央通りに出て北に4分ほど進んだところにある。この看板が立っている入り口から3階に上がったところに小さく店を構えているのが武装商店だ。

店に入ってみると、銃や剣などのレプリカ群がすぐ目についてくる。

大人の趣味の領域のため値段は少々張るが、見た目のクオリティだけでなくずっしりとした重さもあり、カッコつけたいだけなら十二分な品々である。

中の方に進んで行くと、大剣の中になぜか特大フォークやナイフも売られている。ちなみに下の画像でいちばん上に飾られている「柳生兵庫助大太刀」は、8万円もする代物。

これらのレプリカは、他の来店者に気をつけてさえいれば撮影自由で、また店員さんにひと声かけた後なら手に取ってみることも可能。

大好きなアニメキャラのポーズを取って自己満足するのも一興である。

また、漫画「ベルセルク」の主人公ガッツが愛用していた大剣やドラゴン殺しの原寸大レプリカ非売品として展示されていたりと、ファンは来店してみるのが吉だろう。

そして秋葉原なだけに、わかる人にはわかるオタクネタが店内には仕込まれていて、マニアがより楽しめる空間になっている。

【武装商店】
東京都千代田区外神田3‐15‐7麻野ビル3F
平日/11:30~19:30(火曜定休※祝日の場合は営業)
土・日・祝日/11:00~19:30

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス