記事提供:カラパイア

350万年前の「永遠の生命」を持つ細菌を注射することで、病気知らずの健康な身体を手に入れたと主張するロシアの科学者が現れた。モスクワ大学のアナトリ・ブロチコフ氏は自らに注射してから2年間、一切風邪を引かなかったそうだ。

その細菌の名は「バチルスF」。シベリアの永久凍土の中で数百万年も生きてきた細菌だ。

この細菌は2009年にブロチコフ氏によって、サハ共和国のマンモス・マウンテンで発見された。外部と完全に切り離された環境で見つかっていることから、350万年前から生き続けていることは間違いないという。

バチルスFが発見された地域に住むヤクート人は、ブロチコフ氏によれば長寿なのだそうだ。その原因は、水に混じっているバチルスFを身体に取り込んでいることらしい。

永久凍土の中から発見されたバチルスF。

マウスを使った実験では、繁殖年齢を過ぎたメスの生殖機能回復に成功している。さらに、植物を健康にする効果も確認されたらしい。

このように動物や植物の実験で満足のいく結果が得られたことから、ブロチコフ氏は科学の名のもとに、自分自身を実験台にすることにした。

永久凍土の中で生き続ける能力を発揮させるDNAの特定が進められている。

どのようなメカニズムが作用して健康になるのか、実はあまり良く分かっていない。

ある専門家は、バチルスFは生物学的な活性物質を与え、実験動物の免疫状態を活性化させていると説明する。老いたメスのマウスが再度繁殖できるようになるのはこのためだ。

副作用の可能性についても指摘されており、今後もさらなる研究が必要である。しかし、いつの日か安全性が確認された暁には「不老長寿の秘薬」が完成するかもしれない。

バチルスFはシベリア最大の地域であるサハ共和国マンモス・マウンテンで発見された。

なお、同様の細菌は、永久凍土で保存されていたマンモスの脳内からも発見されている。さらに永久凍土からは石油分子を破壊し、石油を水に変えるとされる細菌も見つかっており、石油汚染除去の切り札になるのではないかと期待されている。

出典 YouTube

果たして不老長寿の秘薬誕生はなるか?ブロチコフ氏の今後の健康状況を固唾をのんで見守っていくことにしよう。そうしよう。

権利侵害申告はこちら