記事提供:しらべぇ

9月28日に結婚を発表し、世間を驚かせた歌手の福山雅治さん。

そんな福山さんは以前、ラジオ番組のなかで、「パートナーの束縛が厳しくて、露出度の高い服を着ることも禁止されてる。どうしたらいいと思いますか?」と相談してきた女性リスナーに対して、このようにアドバイスしました。

「タイトな服を着ればいいんですよ」

たとえ露出面積が多くなくとも、女性特有の肉感的な曲線を浮かび上がらせるタイトな服というのは、男性の視線を釘付けにするもの。福山さん、さすがのアドバイスですね。

では、実際に「露出よりタイト!」と考える男性はどれくらいいるのでしょうか?

◆露出の多い服を着た女性より、タイトな服を着た女性に興奮する男性の割合は?

そこで、20代から60代の男性計706名を対象に、「露出の多い服を着た女性より、タイトな服を着た女性に興奮する」という項目のアンケートを実施しました。

まずは、全体の結果です。

このように、3割以上の男性は、露出度高めな服よりもタイトな服を着た女性に興奮するようです。

そして、年代別に見ると、ある年代からその割合が上がることも判明しました。

ご覧のように、40代から一気に数字が上がっています。20代と30代でも7%の差が表れており、“タイトな服の魅力”は年齢をかさねるなかで気づくものといえそうですね。

ちなみに、福山さんが前述のアドバイスをしたのも、40代になってからのこと。スタイル抜群なことでも知られる結婚相手の吹石一恵さんの“タイトな”姿を見て、そのように感じたのかもしれませんね。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国の成人男性計706名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス