美しい曲線で描かれたシマウマの絵。実はコレ!手描きによる作品なんです!

世界でたった12人しかいない『マスター・ペンマン』。彼らは、美しい線を描くことに、類稀まれなる才能を発揮し、まるでデジタルアートのような、緻密すぎる作品を、ものの見事に描くのですが、今回紹介するのは、30歳という若さで偉大なるマスターペンマンの称号を得た、最年少のペンマン“Jake Weidmann”の作品になります。

現存するペンマンの中でも、最も高い技術を持つ一人と言われる“Jake”さん。なお、彼は自他共に認める“完璧主義者”であり、そのせいもあってか、大きな作品ともなると、数カ月~1年もの時間をかけ、作品を完成させるとのことです。

インクを使用し描いている為、1度のミスも許されないという…究極の職人技。では、真のスペシャリストが描く作品の数々。一挙にご覧下さい!

『Humming a Love Song』

『Steward』

『The Sojourner's Rose』

『Crown of Script』

『Semblance』

『The Proud Art』

『Single Stroke』

『From the Deep』

『Craftsmanship』

『Eagle's Prey』

いかがでしたか?

コンピューターには決して表現できない、手書きの文字だけが持つ趣。なんでもデジタル化する昨今、この類まれなる技術。これは後世に残していかなければなりませんね。

世界で12人しかいないというの頷ける…究極のアート。まだまだ紹介しきれていない作品もたくさんありますので、興味を持った方は“Jake”さんのHP。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス