2歳児は自由の申し子、元気の塊。
悪びれる様子を1mmも見せず「自分ルール」を繰り広げてきますが、親のできる事など甘んじて振り回されるのみ!

・・・そんな5つのシーンをどうぞ。

1. 寝たい所で寝るよ

寝る時には定位置だったのに、

起きる時には足ぐりぐり。。
痛いしせまいし寒いよ!

2. ママはいやっ!

全力でオムツ替えを嫌がる2歳児。
ママが幾通り説得を試みても、聞く耳持たず。
お手上げなので、パパにバトンタッチ。

オイッ!!

3. 謝ったよね?もういいよね?

2歳児はドタバタキャーキャー遊ぶので、よく人にぶつかります。
そんな時は、すかさず謝ってくれます。

ただし見限るのも早い。

4. ど〜っちだ!のルール無視

突如、何の脈絡もなしに始まる「ど〜っちだ!」のゲーム。
助手席から腕をねじりながら、無理矢理うしろへ伸ばします。

とりあえず一つを指差します。

ハズれました。

という事はこっちだな?
さあ、開け!

ルール無視かい!!
しかもそんなに嬉しそうにされても。。

5. できないけどやるよ、かくれんぼ!

子供が大好きなかくれんぼ。
・「10数えるまでに見えないように隠れる」
・「もういーかい?」に「もーいーよ」
・「見つかるまでは隠れている」
こんな高度なルールはまだ2歳児には難しいのですが、とにかくやりたがります。

数えている間に全く隠れようとしない、など根本的な問題と戦いつつ、延長を延長に重ねて、なんとか隠れてくれました。

苦労して隠れたのに、一瞬で終了。
この後、もれなくエンドレスで繰り返します。

この記事を書いたユーザー

もち田もち子 このユーザーの他の記事を見る

もち田もち子です。魔の2歳児の母兼フルタイム会社員&ブログ書きというカオスな生活を送っております。連絡は omochilandworld*gmail.com まで。(*を@に置き換えてください)
イラスト等のお仕事、まずはご相談ください。

得意ジャンル
  • 育児
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス