世界で最も有名な日本人と言っても過言ではないくらい、イチロー選手を知らないものはいないでしょう。野球ファンのみならず、その彼のプロ意識には違う世界の著名人からも一目置かれている。それがイチロー選手です。プロ24年目を迎えていた彼が、シーズン最終戦でとんでもないことをしでかしたのである!はたしてその内容とは……

こちらをご覧ください。以上です。
と書いている私も一瞬パニックになりましたが、なんとシーズン最終戦であった昨日の試合でイチロー選手がピッチャーとしてマウンドに上がったのです!

投手陣がみんな怪我? シーズン最後だからお遊び?
いろいろ憶測は飛び交いますが、まずは彼のピッチングからご覧ください。

マウントに立つイチロー選手。違和感があるようにも感じますが、なんだか様になっている気も。おそらく、イチロー選手のオーラがそう思わせるのでしょう。

ピッチャーイチロー

振りかぶって、

投げた!

と、思わずベタな実況が出てきそうなほど違和感のないフォームから放ったボールは……

見事にストライクゾーンを捕らえました!!!
高校時代はエースとしてその腕を振るっていましたが、流石に24年も経つと…と思っていましたがそんなことを微塵も思わせない素晴らしいピッチングでした!

しかし、そんなイチロー選手が試合後のインタビューで開口一番に、「二度とピッチャーの悪口は言わないって誓いました。」と話し始めました。おそらく自身の中ではもっとできると思っていた部分があったからの発言ではないでしょうか。「ショックでしたねー。最低90(約145キロ)と思ってたから。いやー、ショックですね。」と残念がったイチロー選手。「ピッチャーを途中であきらめてよかったなと思いました。」と苦笑いを浮かべるほど厳しい手ごたえだったようです。

いや、その前になぜイチロー選手がマウンドに上がったのでしょうか?それは、以前からジェニングス監督からピッチャーとしての起用の可能性を伝えられていたようです。今回は最終戦で4点ビハインドという事もあり自分から志願したとのことでしたが、1回2安打1失点。打者5人に対して18球を投じ、ストライクは11球。最速は89マイル(約143キロ)という結果は、24年ぶり、しかもメジャーのマウンドということを加味すれば上出来ではないでしょうか?笑 2回目はないと本人は言っていましたが、ファンからしたら是非とももう一度見てみたいものですね。

▼イチロー選手のプロ初マウンドはこちらから

出典 YouTube

人気の動画をもっと見よう!

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス