もう今年もあと三ヶ月を切りました。来年2016年の年賀はがきのデザインが発表されましたが、そのデザインについてみんなが複雑な思いを抱いているようです。
昨年は、2003年の年賀はがきでヒツジがマフラーを編んでたヒツジが、12年後マフラーが編み上がっており、12年越しの物語を想像させるという仕掛けが注目を浴びました。さて、2016年のサルはどうなっているのでしょうか…?

2004年の年賀はがきでは一人で温泉に浸かっていたおサルさんが、12年経ち、親子で温泉に入っています…。そうか、家族が増えたんだね…。

昨年に引き続き、粋な仕掛けに喜ぶ人もいましたが…

間接的に、複雑な思いをつぶやく人々がいた…

このサルの親子を見て、ふとわが身を振り返り…

思わず漏れた言葉…

その先は言わないで…。

ブーメランでその言葉、自分に返ってきますよ…(涙)。

あっ…それ、言っちゃいましたね…。

思わず発作が出た人も…!!もうお願いだから言わないで…!!今回は、結婚適齢期と言われる年代の独身男女に、複雑な思いを抱かせるデザインだったようです…。

そんなことない!12年前のキミより今のキミの方が輝いてるよ!!(自分に言い聞かせる)

再来年の酉は…?

出典 http://www.ne.jp

気が早いですけど、再来年2017年の酉は…

Licensed by gettyimages ®

こうなってしまうのでしょうか…。
※イメージです。

もしかしたらこんな風になってるかもしれませんね…。

来年2016年の年賀はがきのデザインを見て、ほのぼのする、感動するというよりは、軽く絶望している人がTwitterでは多く見られました。独身男女の皆さん、残り三ヶ月弱の今年も来年の2016年も、お互い頑張って生きていきましょうね。

この記事を書いたユーザー

yummiest このユーザーの他の記事を見る

最新グルメ、アクアエクササイズ・プチプラファッション・ホロスコープなどを日々調査してます。転職サイトや、編プロ、電子書籍ストアの編集・ライター経験あり。ユニークな活動を行う団体や個人の発掘、支援ができるライターを目指しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス