出産を無事に終えて、育児生活がスタートした時から数ヶ月間私は女子力を失いました。というか、旦那さんの前で女としての振る舞いをしていかなかったと思います。。

その1.お見送り、お出迎えができません

それまで行っていた朝晩の「行ってらっしゃい♡」「おかえりなさい♡」が消えました。朝は布団の中でお見送り、もしくは行ったことにさえ気付かない日も。そして、旦那さんに見せる姿はほぼすっぴん部屋着。前は女子っぽく半身浴なんてして何時間も入浴していたのに、泣いてる我が子が気になりたったの10分で上がれる能力を身につけました。

その2.下着が変わります

可愛い下着を着けなくなります。もっぱら授乳用のブラかブラトップの日々。。干してある自分の下着が近所に干してあるおばさんの物と明らかに被っていることに衝撃を受けたことも。授乳用のブラはケチって安物を使っていたせいか頻繁にめくるせいかすぐに色あせてゴムが伸び、それはそれはだらしない物になります。

その3.手抜き料理、もしくはまともに作れない日が続きます

「男を落とすにはまず胃袋を掴め」でしたっけ?子どもが生まれるまではお弁当まで作っていたのに、お弁当は作れなくなり毎食手抜き料理のオンパレード!買い物に行けない日もあって「今日は何か買ってきて」なんて日も多かったですね。洗い物もたまるし座って授乳をする時間が最も多い私。

その4.恥じらいがなくなります

夜中の授乳、添い乳したまま寝落ちなんて当たり前。おっぱい丸出しで寝ちゃってるなんてしょっちゅうでした。しかしそんな姿を見られていようがお構い無しです。子どもが泣き出せばいつどんな時でもすぐに授乳を始めることができます。長男が生まれたばかりの頃は特に旦那さんに見せる姿のほとんどが授乳している姿でした。

その5.旦那さんに対して優しくなれません

1番変わったのはこれかもしれません。笑 とにかく「1に子ども、2に子ども、3.4も子ども、5に自分」に変わり、旦那さんは「いてもいなくてもムカつく存在」だったときもありました。ほんと勝手ですよね。笑 でも当時はそんな風にしか考えられないほど慣れない育児に振り回されていたんですよね。もう旦那さんの行動の何でもかんでもが腹立つんです。特に1番嫌だったのは旦那さんが「風邪をひいたとき」。「はぁ?具合が悪いなら病院行ってよ!実家に帰ってよ!うちにいないでよ!赤ちゃんにうつったらどうすんの!私はあんたの面倒まで見れないからね!!」くらいに思いましたね。笑 今までは優しく看病してくれていた妻がこうも変わるんですから恐ろしかったでしょうね。それ以来、旦那さんは体調が悪くても絶対に私にそれを打ち明けることはなくなりました。。

いつかは落ち着きます

ちなみにやっぱり2番目3番目となると、多少心に余裕がうまれるのか旦那さんに対しても少しは優しくなれましたよ!赤ちゃんが生まれたてなのと同じでママも生まれたてだったんですよね。日に日にまんまるに成長していく我が子とやつれていく自分。髪も抜け睡眠不足の日が続き「目の前の我が子を生かすために私がいるのだ」という感覚に陥る。必死でした。なので世の旦那様方、出産や育児を機に奥様に大変な変化が生じたとしても決して愛することをやめないでくださいね!

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら