記事提供:長谷川豊 公式ブログ

大阪府警の劣化が止まらない。ちょっと、尋常ではない状態で、どれだけ頑張ってもフォローできないレベルである。もはや、たるんでいるとか、どうとか言える事態ではない。

最近のものだけを挙げてみても

■8月10日 巡査部長が偽名で現金引き出し

偽名で不正にカードローン契約を結び、ATM(現金自動預払機)で現金を引き出した村上聡被告(41)が31日、懲戒免職。

■8月14日 路上で女性の下半身を触る強制わいせつ

路上で女性の下半身を触ったとして、強制わいせつの疑いで、府警第3機動隊の巡査長・水原淳夫容疑者(27)が逮捕。

府警によると「お尻を服の上から触り、なでたことに間違いない」などと容疑を認めているが、当初は「俺は警察官や。触っていない」と否認していた。

■8月21日 女子高校生の下半身を触る痴漢容疑

電車内で女子高校生の下半身を触ったとして、大阪府警西成署は痴漢容疑で、大阪府福祉部主査、南川貴俊容疑者(41)を逮捕。

驚きなのは、この南川というバカ者、2011年にも下半身露出の公然わいせつで逮捕されている。なんでもう一度警察官で働いてんだって話。

■9月3日 公用車を私的に利用し不倫

大阪府警福島署の地域課長の男性警部(48)が、当直責任者として勤務中にも関わらず、捜査車両(←驚!)で署を抜け出し、部下で不倫相手の女性巡査長(33)に会っていたことがわかった。警部と巡査長はいずれも既婚者。二人は処分されたとのこと。

名前、晒せよ、そんな馬鹿ども。

他にも…

■9月4日 薬物使用の男性が警官に取り押さえられ死亡
■9月7日 集団強姦および監禁で巡査部長逮捕
■9月8日 元警官保険金1000万円偽請求

とあまりに連続している。7日の件だけ、不起訴なので何か裏もありそうだが、いくらなんでも度を越している。しかも、昨日、木曜日に行われた裁判の一件は、もはや耳を疑うレベルのものだった。

今年の1月、大阪府警の巡査長をしていた水内貴士というバカ者が、社会福祉士をしていた女性の首を絞めて殺害した。水内は去年の8月に結婚した既婚者で子供もいたが、至る所で次から次に女に手を出していた。まぁ、確かにちょっとイケメンだ。

しかし、この浮気相手に結婚していることがばれ、そのことを責められると、「ばれるのが嫌だった」という、あまりにも最低な理由でこの女性を殺害。

昨日の裁判で、被害者の父親が見守る中、「(肉体関係はあったが)白田さんのことはあまり頭にはなかった。

大切に付き合おうという気持ちはなかった」と言い放ち、怒りに震える被害者の父から「本当に反省しているのか!」と問われるシーンすらあったほどだった。

検察は悪質で残忍な犯行である、として20年を求刑。来週、判決が言い渡されるのだが、私が気になったのはこの水内という男の犯行詳細である。

まず、この男、犯行の時に「ゴム手袋」と「足カバー」を持参している。足カバー?何のことかわかるだろうか?そう。刑事もののドラマなどを思い出してほしい。事件現場は余計な指紋や足跡を残してはいけない。

それらの現場に警察官が足を踏み入れるときに持っている手袋と足跡を消すカバーだ。

よく逮捕までもっていけたものだ。一歩間違えれば完全犯罪である。

それどころか、この水内というバカ者は、犯行後に被害者の女性の携帯を電子レンジで熱し、ハードディスクを破壊。しかも、そのまま水を張った風呂桶に携帯を沈めている。

何を言っているかわかるだろうか?

携帯やパソコンなどのハードディスクには、消去しても多くのデータが残されているのだが、電子レンジで加熱することにより、細かいデータが復元不可能になるのである。

極めて専門的な知識だが、その知識を得たのも、過去の捜査における過程であることは容易に想像できる。そう。警察官の犯行とは…「どういう操作が行われるかを分かったうえで行われる犯罪行為」なのだ。

一歩間違えれば完全犯罪を仕立て上げることなど、たやすいのではないか?それほどに恐ろしい一件だった。繰り返しになるが、よく逮捕できたものだ。

この水内というバカ者は、この期に及んで「ゴム手袋と足カバーは警察官だから持っていただけ」と主張。あくまで突発的な…偶発的な殺人だと言い張り、減刑を求めている。死刑だろ、こんなバカもの。

テレビ大阪の『ニュースリアル』の中でも私の「長谷川持論」で言わせてもらったのだが、そもそも、警察官の犯罪行為って、一般市民と同じ量刑でいいのか?

倫理的な問題もあるが、より厳しく取り締まり、より重い刑を科していかないと、あっという間に最悪の展開に持っていかれてしまう。

私は、警察官の犯罪行為には「通常の倍の量刑」を科してもいいのではないか、と考えている人間だ。それくらい厳しくしないと、下手をすると、やりたい放題されるぞ?捜査の方法、手順、街にある防犯カメラの作動状況まで、全部わかっているんだぞ?

普通の人と同じ量刑でいいわけない気がするのは私だけか?

来週の判決、もちろん厳しい量刑を期待したいところだが、本当に気分の悪くなる、最低の犯罪の裁判だった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス