出典 https://www.facebook.com

プロ野球で、観客を盛り上げ楽しませてくれる球団マスコット。

今でこそ、各キャラクターの個性が発揮され、存在自体がなくてはならないものになっていますが、礎となった「中の人」を皆さんご存知でしょうか?

今回は、球団マスコットの元祖・ブレービーの「中の人」であり、パイオニアだった島野修さんについて紹介したいと思います。

まずは島野さんの経歴から紹介していきましょう。

ドラフト1位で巨人に入団した実力者

出典 http://www.nikkansports.com

※写真左が長嶋茂雄監督(現・読売ジャイアンツ終身名誉監督)、右が巨人時代の島野さん。

島野さんは、最初からマスコットの「中の人」だったわけではなく、元々はれっきとした野球選手(投手)でした。

新聞配達のアルバイトをしながら、神奈川県で野球の名門として知られる武相高校に通い、エースとして甲子園に出場、1968年のドラフトでは巨人に1位指名され破格の契約金と年棒で入団したのです。

しかし、順風満帆に見えた島野さんの選手生活は、巨人に入団後一変します…。

故障に悩まされる日々…

Licensed by gettyimages ®

高校時代に輝かしい実績をあげた島野さんですが、実は投げ過ぎで肩に限界が来ていたのです…。

そのため巨人入団後は故障に悩まされ、入団から3年目の1971年にプロ初登板、初勝利を収めるも以降は主に敗戦処理の起用が目立つようになりました。

ドラフト1位で入団しただけに、この時期は島野さんにとって悔しい時期だったと思われます。

一時は、アメリカメジャーリーグとの親善試合をきっかけに、長嶋監督が島野さんを先発に起用していた時期もあったのですが、結果が残せずに1975年には阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)に移籍…1軍での登板をすることなく1978年に現役を引退してしまいました。

現役引退から1年間は打撃投手として球団に残ったものの、その後は退団して芦屋でスナックを開業。

野球とは無縁の生活をしていたある日、島野さんに思いもよらない誘いが訪れたのです。

「中の人」へのスカウト

出典 http://blog.goo.ne.jp

当時ブレーブスは強い球団ではあったものの、観客動員数が伸び悩んでいました。そのため起爆剤として球団マスコットを導入することにしたのです。

現役を退いた島野さんを「マスコットの中の人」にスカウトしたのは、当時のブレーブス選手会長・加藤英司さんでした。

目的は島野に球団マスコット(ブレービー)役の就任要請だった。酒の席での島野の明るさを覚えていた球団幹部の発案だったという。

島野は即その場で断り、後日正式に球団事務所に断るつもりで訪れたところ、球団職員から米・メジャーリーグのサンディエゴ・パドレスのマスコット、フェイマスチキンのビデオを見せられ、「野球を知らないとできない仕事だよ」と言われ、「少しでもお客さんが増えるなら」と島野は快諾した。

出典 http://thistle.blog.so-net.ne.jp

元々、お酒の席で明るく周囲を盛り上げていたため、島野さんに白羽の矢が立ったのです。

「選手としては引退したけど、違うフィールドからでも球界を盛り上げることはできる」と島野さんは第二の野球人生を歩み始めました。

「中の人」になってから…

出典 http://www.nikkansports.com

島野さんは、「中の人」になることを決意してから、人形劇団で所作や演技指導を受けました。

そして、実際にブレービーとして球場でパフォーマンスをするようになっても、自分の動きやお客さんにより楽しんでもらうための研究を怠ることはなかったそうです。

試合で魅せるのが選手ならば、選手とお客さんの距離を縮めて、球場全体をパフォーマンスで魅せるのはブレービーだったのではないでしょうか。

さて、当初ブレービーの「中の人」が誰なのかは公にされていなかったのですが、ある日「中の人」が島野さんであるという報道がされました。

「ドラフト1位の島野、今はピエロ」

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

ブレービーとしてパフォーマンスするようになってから1年くらいたったある日、スポーツ紙にこんな見出しが出る。

<ドラフト1位の島野、いまはピエロ>

かつてのドラ1投手が、今は着ぐるみを着てパフォーマンスをしている。それを揶揄した記事だったようだ。

それからは、西宮球場でブレービーに野次が飛ぶようになる。

出典 http://www11.plala.or.jp

お客さんを楽しませようと「中の人」として、選手とは違うフィールドから球界を盛り上げていた島野さんに野次が飛ぶようになってしまったのです。

実は島野さんが巨人からドラフト1位で指名された際の同期は、山本浩二さん(広島)、星野仙一さん(中日)、田淵幸一さん(阪神)、山田久志さん(阪急)といった、名選手ばかりが揃っていたため、尚更比較されていました。

このバッシングを受け、一時は「中の人」を辞めようとも思ったそうです。

しかし、そんな島野さんを奮い立たせる出来事が起きました。

「お父さん、きょうの野球、おもしろかったね。」

「でも、ぼくは、ブレービーが、いちばんおもしろかったよ。あしたも、ブレービーをみにつれてってね。」

「よし、まかせとけ。あしたも、あさっても、ブレービーをみにこような。」

「ブレービーが一番面白かった」と父親に無邪気に話す男の子は、もちろん隣の席に座っている島野さんがブレービーの中の人だとは知らない。

父親に「よし、明日もブレービーを見に来ような」と言われて、嬉しそうに笑う男の子。

それを見た島野さんは、涙が出てきそうになるくらい嬉しかったという。

出典 http://www11.plala.or.jp

西宮球場近くで食事をしていたところ、近くの席にいた親子がこんな会話をしているのを耳にした島野さん…心無い言葉をかけられても、ブレービーを楽しみにしてくれている人達がいたのです。

島野さんは後年、「この男の子の言葉のおかげで『中の人』を続けることが出来た」と語っていました。

そして、1986年にはある記録を達成します。

観客動員100万人達成!

出典 http://holy-yell.seesaa.net

観客動員が懸案だった阪急ブレーブスでしたが、1986年には球団史上初の観客動員100万人を達成したのです。

球団関係者から「島野君のおかげで100万人、行ったよ」と声をかけてもらえるほど、ブレービーは確固たる地位を築きあげていた。

出典 http://news.goo.ne.jp

心無い野次を飛ばされることもありましたが、観客たちはブレービーの、島野さんの一生懸命な姿をちゃんと見て、そのパフォーマンスに魅せられていました。

地道な努力が生んだ結果と言えるのではないでしょうか。

さて、阪急ブレーブスは1989年にオリックスへ譲渡され、球団名も「オリックス・ブルーウェーブ」と変更。球団マスコットも、“ブレービー”から“ネッピー”に変わりましたが、島野さんは引き続きネッピーの「中の人」になります。

このブルーウェーブ時代には、島野さんにとってもファンにとっても感慨深い出来事がありました。

阪神・淡路大震災を乗り越え、リーグ優勝!

出典 http://www.buffaloes.co.jp

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が起きました。

「頑張ろうKOBE」をスローガンに戦った1995年、見事リーグ優勝!

1996年には日本一に!

出典 http://ling-tosite-world.blogspot.jp

チームとして悲願だった日本一に!

優勝が決まった瞬間、ネッピーはグラウンドに選手と一緒に駆け出していたそうです。マスコットもチームの一員なんだと、強く感じるエピソードですね。

マスコットとして通算1000試合出場を達成!

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

選手として1000試合出場することも偉業ですが、島野さんは「中の人」として1996年6月15日のロッテ戦において、通算1000試合出場という偉業を成し遂げました。

この時、当時オリックスに在籍していたイチロー選手からも祝辞を受けています。

しかし、この1000試合出場の裏で島野さんは、血の滲むような苦労をしていたのです。

1992年、GS神戸で行われたオールスターで、ネッピーはバギーカーでのジャンプに失敗。バギーから転げ落ちてしまうが、観客はわざと転んだと思って大喜び。

島野さんは痛みをこらえてそのままパフォーマンスを続けた。

しかし後で肋骨にひびが入っていたことが判明するのだ。

観客に楽しんでもらうためなら痛みは我慢。

出典 http://www11.plala.or.jp

寝返りも打てないほどの痛みだったにも関わらず、島野さんはさらしを巻いて一日も休むことなく球場に立ち続けたのです。

全てはお客さんのため、という島野さんの思いを感じずにはいられません。

そして1998年のシーズン終了を機に、島野さんは「中の人」を勇退。

その後、野球教室など違う形で球団職員として勤務していましたが、病気療養のため2004年に退職。

2010年5月8日、脳出血のためこの世を去りました。

今日の球団マスコットの立ち位置は、島野さんの活躍があってこそ…オリックスも同年のシーズン終了と共にネッピーを勇退させたのです。

ネッピーも勇退…

出典 http://blog.goo.ne.jp

ネッピーの始まりは島野さん…その島野さんが亡くなり、球団も2009年に「オリックス・バファローズ」と名称変更していたことから、マスコットも交代しました。

おわりに

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

生前、島野さんはこんなことを言っていたそうです。

同期のドラフト1位はすごい連中ばかり。それができなかった自分はこれで生きるしかないんだ。わからないだろうけどね。

出典 http://www.news-postseven.com

前述した通り、島野さんの同期は今日の球界の重鎮ばかり…自身はドラフト1位で入団するも選手として活躍できなかった分、「中の人」を極めるという強い気持ちをお持ちでした。

立場は違えど、現在のマスコット達の活躍を見れば一目瞭然。

島野さんのマスコットとしての活躍が球界に与えた影響は、球界の重鎮のそれと何ら遜色のないものだったのではないでしょうか。

もうすぐクライマックスシリーズ、そして日本シリーズが始まりますが、球団マスコットにも是非注目してみて下さい!

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス