記事提供:カラパイア

アイルランド、メイヨー州ウェストポートにてほのぼのニンマリな光景が目撃された。ポール・ミレイさんのご自宅の庭で遊んでいた飼い猫のララさん(2歳、メス)。その目の前に大胆不敵にも現れたのは1匹の野ネズミ。

普通ならば野生の血がざわついて、猫はネズミを捕食するはずなのだがちょっと違ったようだ。ララさんの耳元でなにやらゴニョゴニョする野ネズミ。何を言っていたのかはわからないがこの2匹に友好条約が結ばれたことは確かだ。

ララさんの野ネズミはお互いにじゃれ合うかのようにトム&ジェリーごっこを楽しんでいるように見えたという。

こちらがララさんの飼い主であるミレイさんが撮影した写真である。確かにネズミはララさんの耳元で何かを囁いているようだ。

ララさんに笑顔を見せているようにも見えるネズミ。友好条約を結ぼうとしているようだ。

ララさんはネズミのニオイを嗅いで個体認証

敵認証されなかったようだ。むしろ小さな仲間たち感覚でぴっとり寄り添う2匹

箱入り猫であるララさんの場合には、すっかりネズミは仲間であると認識したようだ。「小さくてちょこちょこしててなんてかわいい子かしら」ってな具合で母性をくすぐられているかのよう。

大胆にもネズミはララさんの肉球の目の前に身を乗り出したりもするわけだが、それすらも許してしまう懐の深い聖母、ララ様

キャッキャウフフと楽しく遊んでいる風に見えるねほんと

野ネズミさんは最近の自然界ニュースをララさんに伝授しているのだろうか?お話ししているようにみえる。

「いやマジだって!、最近の研究結果によると、猫とネズミは持ちつ持たれつのマジ友になれるって話なんだから!あとネズミは頭いい。」

リラックスモードのララさんに対し、「やったぜ!猫友できた!」って感じのネズミの嬉しそうな表情(にみえる)がとてもかわいいぞ!

飼い猫のように常にエサが豊富で満たされている場合なら、トム&ジェリーの世界はリアルでも広がるみたいだね。個体差もあるので一概には言えないが、動物たちの生態は本当に奥が深いでござるよ。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス