1992年に、シャ乱Qのボーカルとしてデビュー後、モーニング娘。及び、ハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務め、以降、音楽プロデューサーとしても活躍する“つんく♂”さんですが、そんな彼が、とあるイベントでサインをしている光景。これがあまりにも、職人技が光っていたので紹介したいと思います。

机の上に並べられた14枚の色紙。これから、一切無駄のない動きで…つんく♂さん。サインを量産していきます。

丁寧にサインを書き終えたつんく♂さん。書き終えたと同時に、両手を数センチ上へ!

すると、画面左側にいるスタッフが、色紙を絶妙にスライドし…

次のサインを書き始めるつんく♂さん。

絶妙なるチームワークによって生まれる…一糸乱れぬ作業。

これはお見事!としか言い様がありません。

また、この流れ作業。素晴らしいところは、書いたサインが…

押し出される事によって

右側にある収納BOXに

しっかりと収まっていくというところ!

では、職人技光る連携プレー。ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェェエエ!

考えに考えた結果…生まれたに違いないこの方法。息の合った絶妙なるチームワーク。もはや美しいとさえ感じてしまいます。

つんく♂さんの真面目な人柄も伝わってくる…驚きのサイン風景。以上、『絶妙なるチームワーク!つんく♂が魅せたサインの量産。その驚きの方法とは?』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス