“ハンバーガー”って、意外に食べるの…難しくないですか?

特に、ビッグマック等の“2段重ね構造”のタイプは、手を汚さずに食べるのは…もはや不可能に近いような気さえするのですが、今回紹介する

“手を汚さずにハンバーガーを食べる方法”

を知れば、もう…手が汚れることはありませんよ!

“食”について日々研究するYouTubeチャンネル『FOODBEAST』が紹介していた“How to Eat a Hamburger”というライフハック。

ほとんどの人が経験した事があるであろう…

食べた瞬間に、野菜やパテ(肉)が、後ろから勢いよく飛び出す…あの現象。

お皿があればまだいいのですが、なければ本当に悲惨ですよね。

こぼさないように食べようと…必死になる姿。

とても人には…見せられません。

『具材が飛び出さなきゃ汚れないのに…』という想い。

そんな中、生まれたのが今回紹介する裏技でして、方法はとっても簡単!

両小指を使って…

ハンバーガーの後ろ側を挟み込むだけ!

たったこれだけで、驚くほど綺麗に食べる事が出来るんです。

紙袋に入った状態でも、使えるこの裏技。では、動画にて今一度ご確認下さい!

出典 YouTube

これは使える!

小指でハンバーガーを挟み込むことによって、具材のズレを防ぎ、最後まで綺麗に食べる事が出来るこの裏技。実際に、試してみましたが、今までの苦労はなんだったの!?と思えるほど、綺麗に食べる事が出来ました。これは本当に、覚えておいて損はありませんよ。

ちょっとしたアイデアなのに、素晴らしく有能なライフハック。是非、皆さんもお試し下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス