携帯を落としてしまった!無くしてしまった!そんな人も少なくないと思います。

私の夫も先日iPhoneを落として盗まれてしまいました。しかし、あるアプリを入れておいたお陰で犯人を追跡し、居場所を突き止めて見事取り返す事ができたのです。

ポケットにiPhoneと財布を入れたジャケットを落としてしまった

ある日、家族で出かけた帰り道。その日は暖かかったので夫は自分のジャケットをベビーカーに掛けて帰宅しました。家に帰ってから一息ついた時、夫はジャケットが無いことに気が付きました。恥ずかしい話ですが、私も夫も落とした事に気が付かず分かったのは帰宅してから10分ぐらいしてからでした。

恐怖。iPhoneは帰り道と違う場所を移動していた

最初はそんなに深刻に考えておらず近くに落としたと思い、私の電話からかけてみる事にしました。しかし着信音も聞こえず、もちろん誰も応答はありませんでした。

そこで使ったのがあるアプリです。私と夫は自分たちの居場所が分かるアプリを使っていました。海外に移住し不慣れな事もあり普段は待ち合わせる時に使用していたのですが、まさかこんな風に使う日が来るとは・・・。


そのアプリで夫のiPhoneの居場所を見てゾッとしました。何故なら私達が通ってきた道ではない所にあったからです。

その時に使用したアプリがこちら。

「友達を探す」を使って、iPhone、iPad、または iPod touch で友達が今いる場所を簡単に見つけることができます。App をインストールして、連絡先から選択するかメールアドレスを入力して友達を招待すると、位置情報を共有できます。

出典 https://itunes.apple.com

追跡開始!

夫は直ぐに、私のiPhoneを持って「友達を探す」を使い追跡しました。移動するスピードからすると犯人は徒歩で移動していたらしく、そんなに遠くまで行っていませんでした。夫は走って犯人を追いかけ、そしてあるアパートに辿り着きました。そして夫はそこから警察に電話。そのアパートまで警察に来てもらいました。

そして、チャイムを鳴らすと窓から顔を出したその人とは・・・。

なんと犯人は・・・

女性でした。警察は事情を説明し中へ入れてもらうと、そこには13歳くらいの彼女の子供もいたのです。

夫は返してもらえればそれで良かったので、彼女に「携帯を拾いましたよね?」と尋ねたところ、警察も一緒にいたという事もあり素直に返してくれました。幸いジャケットごと取っていったのでジャケット・財布・iPhone全て返ってきました。

しかし、気になる事が・・・。

犯人は電源を落としていた

その女性は「これから届けようと思った。」と言っていたのですが、返ってきたiPhoneは電源が落とされていたのです。

iPhoneを使用している人なら分かると思いますが、電源を落とすには電源ボタンの長押しとスライドをしない事には落とせないのです。もし、警察に届けるつもりならばわざわざ電源を落とす事はないでしょう。

その後

ジャケットを落としてしまったという夫の責任もあり、何よりも子供の前という事もあったので夫は彼女を許し逮捕にはなりませんでした。しかし、今後彼女は子供にどの様に躾をしていくのか。同じ子を持つ親として心配です。

不幸中の幸い

ここまで犯人を見つけるまでに至ったのは、いろいろな条件が揃ったからだと思います。

1 夫と私がこのアプリを入れており、iPhoneを失くした時に直ぐに探せる端末(私のiPhone)があった。

2 犯人が電源を落としたのが自宅に到着してからだった。もし途中で電源を落としていたら、それ以上追跡できなかった。

3 警察に同行してもらった。

もし落としてしまったら・・・

1 誰でもこの様になる可能性があります。夫の親戚も数週間前に携帯を盗まれたので、それをきっかけにこのアプリをいれました。この様に追跡できるアプリを入れておく事で素早く発見する事ができたので是非入れておくことをオススメします。

2 iCloudでも探す事は可能です。また、今回の事件はオランダで起こった事ですが警察もiCloudを使う事ができました。ですので、落としてしまったら警察に連絡をしましょう。

3 もし、犯人を追跡する事ができても一人で乗り込まない。相手はどんな人か分かりません。誰かについてきてもらうか警察に同行してもらいましょう。

もし、携帯が落ちていたら・・・

このようなアプリで追跡できるという事を知っておきましょう。携帯が失くなると、とても悲しいので電源も落とさずに警察に届けてください。

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス