出典shutterstock

イギリスに「結婚は悲しみを半分に、喜びを2倍に、そして生活費を4倍にしてくれる」ということわざがあります。
日本では前半部分だけ、つまり「結婚は悲しみを半分に、喜びを2倍にしてくれる」がよく紹介されますが、なぜか後半部分はカットされています。
あまり見たくない結婚の真実なのでしょうか? 前半は心理的主観なので置いておいて、後半の「結婚すると生活費は4倍」は本当なのか、日本の統計で調べてみました。

■結婚しても生活費4倍はありえない

総務省統計局、34歳までの勤労世帯比較によると、ザックリ書くと日本で働いている単身者は、男女ともに月21万円くらい使っています。
「そんな使ってないよ!」と思うのは、税金を忘れているからです。月21万円のうち約5万円は、最初から天引きされる税金や社会保険料などです。
なので、それらを無視したら月16万円ほど消費している形となり、これなら生活実感と合うのでないでしょうか。
そんな2人が結婚したら、いくらくらい生活費がかかるようになるのでしょうか。単純に計算したら月21万円×2人で月42万円になります。
ずばりその金額ですが、2人以上になった場合は月33万円です。つまり4倍どころか、2倍以下の約1.6倍がその答え。要するに、イギリスのことわざは嘘、というわけです。

■結婚すると増えるのは保険・医療代

では、何が減ったのか、項目で見てみましょう。大きく減るのが“衣料費”です。つまり、あまり服は買わなくなります。もう異性は捕まえたから、以前よりオシャレに気をつかわなくなることが数字から伺えます。
逆に増えるのが、“保険医療代”です。それぞれ独身だった時の合計金額より増えています。世帯を持つことによって責任感などが生じ、保険に入ったりする姿が見てとれます。
このような数字から、夫婦生活が見えてくるのは面白いですよね。
表などで数字を見た時、こうして想像力を働かせてあれこれ考えるのも楽しいものです。みなさんも「難しい統計や数字のデータは嫌」と思わないで、想像力を膨らませて推測(妄想)してみませんか?
(文/シール坊)

この記事を書いたユーザー

Suzie編集部 このユーザーの他の記事を見る

女性が「こんなの知らなかった」と思える、数字のお話をお伝えしていくWebメディア。お金や時間の記事を中心に、カロリー、給料、残業、IQ、慰謝料、体温、人数などの数字トリビア記事を配信中。普段気付かない、意外な発見と驚きの数字が満載です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス