耳を刺激すると、ダイエット効果があることをご存知の方は多いでしょう。それ以外にも、耳はちょっと触るだけでステキな効果をもたらしてくれるのです!お手軽に”ながら”刺激ができるのもうれしいですし。一体、耳刺激のうれしい効果とはいかに?耳をいじりながらでも、ゆっくりお読み下さい。

キュッと小さく。

Licensed by gettyimages ®

あら、変わった?

まずは、肌に効く軽い一撃!もむ、こする、ひっぱる。この3つで耳を刺激してあげましょう。ツボは気にしなくてOK。血行がよくなり肌にハリが!ハリが出れば、小顔にも見えます!

まず”もむ”。耳の裏側に親指を当て、人差し指で耳を挟むつもりで、全体をまんべんなくもみほぐし。次に”こする”。中指と人差し指で耳を挟み、ゆっくりとさすりまでょう。そして、”ひっぱる”。指先でもって、耳上部を上へ、真ん中あたりを外側へ、耳たぶを下へ、順に引っ張ります。著者は毎晩、耳刺激を楽しんでいます。お風呂で行うのがクセになっているので、これをやらずにお風呂から上がることはないくらいです。

実はシミやソバカスに効くツボも、耳にあるのです。耳穴の下の切れ込み部分、耳穴の前にある膨らみ部分のすぐ下、耳穴へと続く浅いくぼみの中央付近。この3ケ所を刺激してみましょう。完全消滅とはいかないまでも、かなりシミ・ソバカスを薄くすることができますよ!

 顔をマッサージするのも、もちろん効果的ですが。人により刺激が強すぎることもあります。その点、耳なら安心!上記の3つが毎日のクセになれば、いつの間にか顔が引きしまり、リフトアップしていきます。ツヤも出てきて、鏡を見るのが楽しくなるかも!ただくれぐれも、刺激は気持ちイイ程度に!

凝ってますか?

Licensed by gettyimages ®

男女年齢を問わず・・・

肩凝り。日本人の国民的症状といえるほどでは?それも耳刺激で解消です!耳たぶの上部や外側の部分には、肩凝り帯と呼ばれるにコリ効くツボが集中しています。そのあたりを指やツマ楊枝で軽く押して、特に痛いところがあったら。そこがあなたの肩こりに最も効くツボです。
 
刺激する際は、親指と人差し指で。つまんで圧迫したり、揉んだりしてみて下さい。両耳を同時に刺激すると、さらに効果が。爪楊枝で軽く刺激してもよいでしょう。パソコンでの作業中に凝ってきたら、即実行!仕事中もバレル(?)ことなくできるはずです。ただ、強く刺激しすぎると耳が腫れてしまうこともあるのでご注意を。

出典 http://karadanote.jp

凝りには青いあたりですね。

続く国民的お悩みは。

Licensed by gettyimages ®

こちらも現代人病?

これも国民的痛み?腰痛持ちの方もまた多いですよね。こちらも耳でラクになるのです!耳の上部1/3あたりに位置する、腰痛帯。(これも正にそのままの名前です。)ここには腰のツボが集中しているのです。

刺激をする際は両耳一緒に。親指と人差し指をこすり合わせて温めてから行うのがポイント。親指を腰痛帯にあてて親指と人差し指で耳をはさんだら、ワン・ツー・スリーとリズミカルに3秒ほど押し揉み。一呼吸置いてまた押し揉む。これを少なくとも30回ほど行います。

 腰痛の際は、腰痛帯自体に痛みを感じるはず。腰痛帯が刺激により柔らかくなり痛みもなくなってくると、腰の痛みも次第に解消されていくはずです。歩くのも辛いなと感じたら。耳を刺激して、効果が表れるのをじっくりと待ちましょう。

出典 http://mtubo.jp

よく集中してます。

これもなくなれば快適。

Licensed by gettyimages ®

仕事で痛い上に・・・

頭痛も悩む人の多い症状のひとつですが。偏頭痛や慢性頭痛ならば、耳刺激により軽減または解消できます。頭痛に効く頭痛帯は、耳たぶの上、軟骨の出っ張った部分。親指と人さし指で耳たぶをつまんで揉んだり、ツマ楊枝を使って軽くつついたりしましょう。

刺激するほかに、リラックスしてマッサージするとより効果的です。横になった状態で両手の人差し指と親指で耳たぶの上のあたりをひっかけるようにしてつまみます。人差し指は、耳の内側に来るように。これで左右の耳をしばらく同時に揉んでみましょう。その後同じ箇所を軽く引っ張って、そのままの状態を1、2分維持。これはかなり即効性があるそうです。会議中などに急にきたら・・・お試しを!

出典 http://karadanote.jp

痛みを飛ばしましょう。

慢性症状は、自身で。

病気とはいえない体の不調。挟んで押して、耳刺激は手軽にそれらを解消してくれる、便利なツールのようなものです。自身で多少なりとも解決できたら、本当にありがたいですよね。おまけに肌にまで効いてくれるのですから!

 100以上ものツボが集まっている耳。なにげに触っていたら、日ごろから悩みの症状がいつの間にか治ってしまうなんてういうことがあるかもしれません。皆さんもいざというときは、耳刺激でイタ気持ちよくセルフメンテナンスをどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら