赤。血液の色。パワーの源になる、生命のカラーです。風水的に見ても、赤はとても運のい色。せっかくですから日常生活に存分に活かしたいもの。では赤の持つ意味と、この色をいかに活用したらよいのか、運気アップを願いながら、探っていきましょう。

いい仕事をする色ですねぇ。

Licensed by gettyimages ®

なるほど、赤です。

古来よりおめでたい色とされている赤。神社仏閣の鳥居も赤。筆者の好きな中華圏でも、寺院の建物には赤を基調とした色が使われています。そう、赤は魔除けの色。お地蔵さんのよだれかけも赤ですよね。

魔除けになるということは、勝負運も強くしてくれます。大きな決断が必要な時にもいい影響を及ぼしてくれるのが赤という色なのです。自信がないときでもグッと後押ししてくれるのが、赤の持つ力です。

ここぞという仕事に。

Licensed by gettyimages ®

貴方に引き寄せる。

 勝負運の色ということで、風水では赤は仕事運に関する色でもあります。仕事へのやる気と的確な決断をもたらすのです。ここぞというとき、気分を高め行動に移すことを後押ししてくれるはず。赤は人の脳内に強烈に反応する色でもあります。目立ちたいときに、きっと役に立ってくれるますよ!

プレゼンや取引先との交渉の際、赤いシャツを着たり赤いネクタイをするのは大いにオススメ。それはどうも恥かしいという方、赤いハンカチをポケットに忍ばせておくのもよいでしょう。できれば相手の目を引くよう胸ポケットに。

 そういえば、赤いワンピースやスーツを着た人がいると、思わずその人を見てしまいませんか?赤は相手の波動を高揚させることが可能な色なのです。女性が、肌の調子が思わしくないな、こまま人前に出るのはちょっと気が引けるなと感じるとき。赤いチークをほんのりとさしてみましょう。血色よく生き生きとした表情に見え、会う人を引き付けることができるでしょう!

更に今年も秋冬は、赤いリップがちょっとした流行らしいのですが。ここぞというとき、女性は赤リップを上手に活用したいですね。

赤はアレドナリンを増加させる色でもあります。試験等大事なイベントのあるときにも、赤いものを身に着けたり、じっと見つめたり。赤であなたのやる気をアップさせましょう!

代謝も上がって。

Licensed by gettyimages ®

健康も色から。

 赤はなんといっても血液の色。風水では健康運もアップしてくれる色なのです。東洋医学では、赤い布を身につけると保温効果で身体が温まる、活力・気力を補えると考えられています。どうりでおばあちゃんの原宿である巣鴨では、赤のパンツ、赤の靴下、赤のタオル等が売られているわけですね。(笑)

 肌に直接赤い色を身に付けると交感神経が活発になって心拍数が上がり、血液の流れがよくなって体温上昇。よって身体が温まるのです。更に、赤色に囲まれた中で過ごすと体感温度が2~3℃上がるという実験結果も。冬場は壁紙を赤を交えたものに変えると、冷え症改善になるかも!
 
 野菜で赤といえば、やはりトマト。活力の源である赤い色をしたトマトは、内臓を元気にしてくれる食べ物です。赤には気持ちを高揚させる効果もありますから、トマトを食べると基礎代謝が上がり、ダイエットの手助けになるといもいわれています。胃腸の調子を整えながら、ダイエットもできる(かも?)。食物繊維のひとつであるペクチンも豊富なトマト。赤を”食べたい”なら、是非どうぞ!

ではお金は?

Licensed by gettyimages ®

意見は色々ですが・・・

最後に、赤い色が金運に及ぼす影響ですが。風水では、”赤い財布は厳禁”とよくいわれます。赤はパワーの源の色。財布が赤だと、調子よくどんどん使ってしまうことになるというのです。

そのような考え方がある一方、元気を象徴する赤色はお金の流れも活発にしてくれるというとらえ方も。赤い財布は滞っていた運気の流れを改善し、金運をアップに役立つともされているのです。

 お金がないというネガティブ思考は金運が嫌うもの。どうしても金銭的な不安を抱えネガティブになってしまう場合は、元気の元である赤でパワーをもらうのが一番という見方もあります。赤は火の象徴、”陽”の気。気持ちを前向きにしたい、ネガティブ思考からサヨナラしたい。そんなとき、赤い財布は実は強い味方になってくれるのです。

 風水マニアの(?)筆者も赤財布の是非については時折考えるのですが。自身の好きな色で、見ると元気が湧いてくるなら。赤い財布は大いに歓迎してよいでしょう。

好きが一番。

Licensed by gettyimages ®

押せ押せな色です。

 筆者は風水的な理由というよりも、赤が断然好きな色なので、バッグやアクセサリー等は赤を使ったものを多く持っているのですが。パワフルカラーの赤が好きで、得したかなという気もします。好みもあるので、無理に赤いものを使おうとする必要はないでしょう。

 ただ、風水的に色にはそれぞれ意味があるもの。 元気、勇気、やる気が欲しい。お金の流れをよくしたい。ならばあえて赤のパワーに頼ってみるのもひとつのテです。ときには赤を上手に利用して、心身ともに満ち足りた人生を送っていきましょう。

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら