記事提供:まぐまぐニュース!

野良ねこに餌を上げるのは許容されるのか、それとも絶対厳禁なのか。読者から寄せられたねこ好きにとって悩ましいこの質問に、『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者にして、米国在住のしんコロさんが答えてくださいました。

感情論を一切廃した回答、とても参考になりますよ。

野良ねこに餌をやるのはいけないことなの?

Question

最近職場の駐車場に「野良猫に餌やり禁止」の注意書きが貼られました。「一度でも餌をやると野良猫が集まり繁殖してご近所の迷惑になります」とご丁寧な説明まで添えてありました。

つい2日前に痩せ細った黒猫の親子を見かけ、ゴハンをあげて懐いたら保護したいな~と思っていた矢先でした。

友人の近所では野良猫に餌をあげたら罰金5,000円!の貼り紙があるそうです。マンションの回覧板でも「猫に餌やり禁止!」と回ってくるとよく聞きます。

他人の土地なので何も言えませんが、餌をあげたら増えるからダメと言うのは、野良猫は餌をあげないで弱って死ぬに任せろと言っているようで悲しくなります。

ある本の中で、有名な思想家が「猫は社会を映す鏡」とおっしゃっていました。昔の猫はもっとのんびりしていたけど、今の猫はビクビクしていると。

人の隣に寄り添って暮らす猫たちは、現代の人間同士の寛容の無さや息苦しさを映す鏡、のんびりした猫が多い街はきっと人も住みやすいはず、と。

NYはどんな感じですか?シアトルはどうでしたか?やはり、餌やり禁止!のような注意書きなど見かけますか?

しんコロさんの回答

まず質問のお答えからお話しますと、NYやシアトルには野良ねこがほとんどいません。なぜなら、シェルター等の活動によって野良ねこは保護されて里親に出されるなどしているからです。

「野良ねこには餌をやってはいけないというのは見殺しにするようなもの」という意見は、確かに間違ってはいません。

餌を与える側としては可愛くてやっている訳ですが、可愛がったその後にどういったことが起きるかはあまり優先せず、個々のねこに対する慈悲や愛情を優先した考え方です(それが良い悪いという話ではありません)。

一方、近隣の住民からは「衛生上問題があり、迷惑になる」という意見もあり、この意見も確かに間違っていません。世の中誰もがねこ好きなわけではないし、自分の敷地や自動車などに糞尿をされたら不快に思うのは当然でしょう。

では、ねこ側からしたらどうでしょう?短期的に餌をもらって餓えをしのげるのは非常にそのねこたちにとっては幸せでしょう。しかし、そのことで繁殖するのに適した環境になると、また話は変わってきます。

ねこは年に2~3回出産でき、4~6匹の子ねこを産むので、最初は両親の2頭だけだったのに、子ねこを合わせて最大14頭まで1年で増えるポテンシャルを持っています。

それらの子ねこが1年足らずで繁殖能力を獲得するので、理論上では親も含めて8対のオス・メスとなり、14×8で112頭になります。これが2~3年もしたらすぐに1,000頭を超えてしまう繁殖力があるのです。

こういった急激な増え方をしてしまったら、もはや餌を与えることは不可能ですし、地域の衛生状況にもかなりの影響が出てきます。そしてなにより、まともに食べられずに飢餓に苦しむ子ねこたちも出てくることでしょう。

結局、どちらの意見もそれぞれの視点があって間違いではないのですが、総合的に判断した場合は、やはり野良ねこを減らすことが重要だということがお分かりいただけると思います。

そして「野良ねこを減らす」ということは単に餓死させるという意味ではなくて、アメリカのシェルターシステムを見本としたような保護政策を整えることが何よりです。

その為に、まずは私達ねこ好きが「何が最も良い解決策になるのか」を感情的にならずに理解し、伝えていくことができるようになることが重要だと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス