記事提供:秒刊SUNDAY

バケツを頭に被ったり、変な被り物をしたりしたくなるのは何も人間だけでなく動物もそうなのかもしれませんね。

これはもしかしたらかなり基本的な動物的な本能なのかもしれません。そう考えると、頭に被りたくなる欲求が抑えられない理由もよくわかります。

さてこちらのヒョウは、そんな欲求に耐えられなくなったのか被ってしまいそのまま抜けなくなってしまった残念なヒョウです。

問題のヒョウはインドのラジャスタン地域で発見されたとのこと。

どうやら5時間ぐらいこのような状況で見た目はとんでもなく間抜けですが、恐らくこのまま放置しておくと彼は死んでしまう。

一刻も早く救出したい。しかし救出しようとすればヒョウが暴れて逆に人間が怪我をおってしまう恐れもあるということで誰も助けることが出来ないようだ。

どうやら、水を求めてこのツボに頭を入れたようで遊んでいたわけではなさそう。いずれにせよ人間が創りだしたものでこのような状況に陥ってしまった、これは人間にも少なからず責任はありそうですね。

結局動画は最後まで助けだされず終了します。

出典 YouTube

ただし記事によると助けるシーンはないものの、安心してください。その後麻酔銃で眠らせて助けられたとのこと。

皆様のお家のネコもご注意ください。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス