ハロウィンは収穫を祝うとともに死者がよみがえる日

街に出ると、すっかりハロウィンの雰囲気があちこちで感じられる季節になりましたね!近年は日本でもすっかり定着し、パーティーやイベントなど、それぞれに楽しむようになりました。

ハロウィンは本来は収穫を祝う祭りの要素も含みながら、一方では死者の霊を呼び戻し、未来の宣告、いわば来世にどのように生まれ変われるかの宣告を受ける日とされていたようです。

その為、ハロウィンは死者の霊などが姿を現すという言い伝えもあり、長く信じられてきた日でもあるのです。

そして過去には、ハロウィンのそんな言い伝えを思い起してしまうような、ゾッとする事件がいろいろ起こっているのです。

上古のケルト民族にあって、儀式、妖術、予言、裁判等をつかさどっていた、ドゥルイド教派の僧侶たちの収穫感謝祭が加味されてハロウィンの起源となった、と、ある学説は伝えております。
つまり、ドゥルイド教徒にとって、11月1日は年の初めに当たり、太陽の神の祭りをいたしました。そしてその前夜、つまり年の暮れにあたる10月31日には、死の神サマンが、その年に死亡した人たちの霊を呼び戻し、未来についての宣告をされる日と定められていたのです。
つまり、生前善幸の厚かった人の霊は、ふたたび人の体に帰ることを許されるのですが、生前罪を犯した人の霊は、ふたたび人に帰ることなく、動物に生まれ変わるべく審判がなされる日なのです。

当時の人たちは、この悪行に対する神の懲罰も、お供物と信仰の力で軽減されるものと信じていたようです。この古くからの神秘な儀式や信仰は、永い間のうちに変わっていきながら、ヨーロッパ諸国に根を下していったのです。
そして、このハロウィンには、死者の霊や、悪魔、魔法使いがこの世に姿をあらわすと長い間信じられてきました。

出典 http://www.excelpoint.co.jp

ハロウィンの起源について引用させて頂きました。

言葉や文化の違いが起した恐ろしい事件

これはまだ、記憶に新しい方もいらっしゃるのではないかと思います。日本人留学生がハロウィンで射殺されたという事件です。

当時、留学中だった被害者である日本人学生は、現地の知り合いにハロウィンパーティーに招待されます。

当時のニュースによれば、彼は仮装をして招待されたお宅へと向かったそうです。
ところが、実際には家を間違えて全く違うお宅を訪問してしまったのです。そうとは気づいていない被害者は、ドアを開けられるまま家の中へ入ろうとしたそうです。

仮装もあり、不審人物と勘違いした家主が「フリーズ!」と静止。しかし、この時学生は「プリーズ」と誤解し、そのまま中へ。危険を感じた家主が銃で撃ったというのがこの事件です。

家主が玄関先で被害者に放った「フリーズ」を「プリーズ」と聞き間違えたというのは、ニュース番組の誰かの見解であったかも知れませんが、発音などの誤解は、ハロウィンパーティーであるという先入観も災いしてしまったのではないかと思います。

訪問する家を間違えたというのがそもそもの大きな誤りで不運でしたが、何とも悲しい不吉な事件でしたね。

1992年10月17日、ルイジアナ州バトンルージュにAFSを通じて留学していた愛知県立旭丘高等学校3年生の、服部剛丈(はっとり よしひろ、1975年11月22日生まれ、当時16歳)が、寄宿先のホストブラザーとともにハロウィンのパーティに出かけた。しかし、訪問しようとした家と間違えて別の家を訪問したため、家人ロドニー・ピアーズ(当時30歳)から侵入者と判断されてスミス&ウェッソン社製の.44マグナム(機種は不明)を突きつけられ、「フリーズ(Freeze「動くな」の意)」と警告された。
しかし、服部は「パーティに来たんです」と説明しながらピアーズの方に微笑みながら進んだため、玄関先、ピアーズから約2.5mの距離で発砲され、出血多量により死亡した。

出典 https://ja.wikipedia.org

事件の概要を引用させて頂きました。

ハロウィンのいたずらと誤解した事件

2010年のハロウィンでは、一家が惨殺されるという恐ろしい事件も起こっています。
犯人が一家の家に侵入し、銃やハンマーで全員を殺害したというこの事件は、たまたま外出していた当時16歳の息子の帰宅により発見されています。

しかし、この惨状を見た息子は当初、ハロウィンのいたずらかと思ったそうです。

2010年のハロウィンの日、24歳のウィリアム・リスク・Jr.は、オハイオ州マーティンにあった再婚した父親の家に侵入し、実父とその新しい妻、妻の連れ子の23歳の息子の3人を殺害した。妻のもうひとりの息子である16歳のデボンが、帰宅して家族の無惨な姿を発見した。父親は頭部に5発の銃弾、妻は頭部に2発と胴体に1発の銃弾を受けており、息子はハンマーでめった打ちにされていた。発見者のデボンは当初、「ハロウィンのいたずらかと思った」と話したという。リスク・Jr.には精神疾患の病歴があったが、仮釈放なしの終身刑を言い渡されている。

出典 http://www.excite.co.jp

ハロウィンを利用した殺人事件

ハロウィンでは、子供達が各家々を訪問し、お菓子を貰う習慣があります。すべての家で必ず用意しているという訳ではありませんが、お菓子を貰える家への訪問は楽しいイベントのようですね。

実はこれ、日本にも似た風習が古くから行われている地域が北関東にあるんです。十五夜のお月様へのお供えに炊き込みご飯やけんちん汁、穫れたての果物やお団子などを、どの家でも開け放した広縁に並べておくんです。それを子供達は自由に食べて良いというもの。

日本でも海外でも似たような風習があるのは面白いですが、こういう子供達にとって楽しい風習を利用した残酷な事件が、1974年にアメリカで起こっています。

キャンディーに青酸カリをまぶし、ハロウィン当日になんと、自分の息子に与えた父親。目的は借金に困ったことで保険金目的だったようです。

しかも、疑いから逃れる為に無差別殺人に見せかけようと、他の子供達にもばらまくという身勝手な事件でした。

1974年10月31日、ハロウィンのこの日、アメリカ・テキサス州ディアパークで事件が起こる。

オブライアンは息子ティモシー (8歳) に青酸カリをまぶしたキャンディを与え、毒殺する。
オブライアンはティモシー以外にも、他に娘エリザベスにもキャンディを与え、殺害しようとしたが、エリザベスはキャンディが汚れていた為、たまたま食べなかった。

また、オブライアンは自身の子供だけが死ぬと、自身に疑いがかかると考え、他の子供達にも青酸カリ・キャンディをばらまき、無差別的犯行にみせかけようとした。

出典 http://syouji.blog.jp

事件の詳細はこちらから引用させて頂きました。

ハロウィンに限らず、何か楽しいイベント、特に多くの人が集まる場所では人はついつい警戒心が無くなってしまいます。

増して、仮装やいたずらなどがイベントの中の一つとして親しまれていたり、騒動が目立たないような場所では、そこに紛れて良からぬ事件を考える人もいるものです。

それだけでなく、人が集まることで大惨事になってしまうパーティーならではの仕掛けなど、楽しい筈の時間が一気に惨劇に変わることは珍しくありません。

事件や事故はいつでも起こりうるということは忘れずに、イベントやパーティーを楽しみたいですね。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス