勉強を後回しにしてアニメやゲームに没頭する子どもたちに、親はつい怒ってしまいます。時間を無駄にしているというだけではなくて、あまりののめり込み具合に、将来「オタク」になるのでは…と心配しているお母さんも多いのだそう。

子どものオタク化にお母さんは悩んでいる!?

最近では、子供は、外で体を使って遊ぶよりも、ゲームを遊びの主流にしてしまい、友達との会話もゲームをしていないと取り残されると言った現象も起きております。

出典 http://counselor.excite.co.jp

「子どもがゲームばかりしていて、話をしない」
「ご飯以外はずっとゲームかアニメをしている」
「勉強が後回しになってしまっている」

特に相談が多いのはこのような悩みなのだそう。健やかな成長を望んでいるのに…と親の不安は募ります。そんな親がかなり多いのか、PTAの会合でも議題になったりしているようです。一人では抱え込めないくらい共通の悩みになっているようですね。

9月17日放送の「ウワサの保護者会」(NHK Eテレ)では、「うちの子 オタクなんです」をテーマに、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さんが、悩める保護者たちと座談会をし、悩める親御さんへアドバイスしました。

あなたの子どもはオタクだと思いますか?

番組が行ったアンケートでは、約44%が「うちの子はオタクだと思う」と回答。でオタクになっている対象としては電車や昆虫など子供にありがちな熱中系。

そして、いま様変わりしているのは、やはりアニメやゲームに熱中する子どたち。アニメも昔から熱中系ですが、今はアニメの内容も過激な物が多いので、親の心配の種になっています。

親の心配は「勉強しない」というオーソドックスなものもありつつ、やはり「こんな子供の正常な発達によくなさそうなものに熱中していて大丈夫だろうか?」というもの。今のゲームやアニメは暴力的なシーンが多い、というのが「オタク化」を心配する親の本音です。

これに対して尾木ママの回答は…

こんな親の悩みに、教育評論家の尾木ママは、このように答えています。

「人間は基本的にグロいものが好き。現代は清潔すぎてグロい体験ができなくなっているから、子どもたちはアニメなどで体験しようとする」

出典 https://news.careerconnection.jp

子供が好きなものを闇雲に禁止すれば、もっとやりたがるだけ。だれでも好きなものを反対ささたらいい気持ちはしませんよね…。

そして、解決策として次のようにコメント。

「家族のなかでの居場所を確保してあげる。(家事を任せるなど)自分が役立つ、必要な存在だと感じさせれば、グーンとあっちの世界に行ってしまう事はないわね」

出典 https://news.careerconnection.jp

今は核家族でよりも身近な人の死に触れることも少なくなりました。汚い物は悪だとされて避けられるので目に触れないようにされてしまいます。だから疑似体験をしながら学んでいるのだということですね。

一番いけないのは子どもが家庭にいながら孤立してしまうことで、家族のために自分が必要なんだと思える安心感を失うことが最も怖いことではないでしょうか。

一般的には、人間と直に触れあう事で構築する人間関係が上手く出来ずに、感情を失ったり、マニュアル化通りにしか、動けない、自分の意見を発言できないと言ったようなことが起きます。

それは、想像豊かな人間性を奪ってしまうという事にも繋がります。また、発達障害、後天性の発達障害、コミュニケーション障害、人格障害につながり、社会力の不足を起こす可能性もあると言う学者もいます。

出典 http://counselor.excite.co.jp

家族の程よい距離感が重要

時代に合わせて子どもの遊びも様変わりします。今の子どもたちは、さまざまな規制の中で生きており、昔に比べて実体験が少ないので、手軽なゲームやアニメで疑似体験しようとします。

親から見れば心配な「オタク化」なのかもしれませんが、家族が手と目を離さなければ大丈夫。その方法は大きくなった子どもに対しては干渉ではなく自分の家庭での存在意義を確認させることです。

子どもの意見も尊重して、上手な付かず離れずの関係を築くことがポイントになりそうです。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス