犬のヘアカラー

出典 http://doubutsunews.blog135.fc2.com

中国ではこのほど、より高値でペットの犬を売るために、人気の色に毛染めして偽装する業者が暗躍していることが判明。大量の毛染め剤を浴びた犬はぐったりしているため、売り出す直前に痛み止め剤を摂取させ、しばらくは元気に飛び跳ねる様子をみせるが、1週間以内に死亡するケースが多発している。

出典 http://www.epochtimes.jp

ペットを高値で売る為に毛染めをさせられるペット。死亡例もあるなんて悲惨です。中国だけではなくペットの毛染めは海外で度々問題になっています。

毛染めすれば倍以上の価格に

出典 http://www.examiner.com

六畳ほどの仕事場で、白のトイプードル(通常販売価格は700元、約1万円)をテディベアに変身させると自慢げに言いながら、中年の女性が作業を始めた。茶色に毛染めすれば、倍の1500元(約2万2000円)で売れるという。

出典 http://www.epochtimes.jp

パンダになってしまった犬

出典 http://dogs.thefuntimesguide.com

寂しげな表情をしてます。

中国などで流行が続くペットのヘアカラーで、最近はパンダやトラの模様が人気を集めている。

出典 http://news.2chblog.jp

北京市郊外の通州区に住む張(ジャン)さんは3月末、ペット市場で見かけた茶色のポメラニアンを2000元(約2万9000円)で買った。だが、洗う度に色落ちし、最近ではすっかり違う色に。元気に飛び跳ねていたのも最初だけだった。張さんは業者に抗議しようとしたが、もうどこかに行ってしまっていた。

出典 http://www.recordchina.co.jp

大量の薬液を浴びて瀕死の状態になった犬たちは、販売時だけ痛み止めで元気を取り戻し販売されるケースもあるそうです。

出典 http://www.popsugar.com

人間でもヘアカラーをすると、人によっては髪の毛や頭皮が傷んだりアレルギー反応を起こすことがあります。毛染め自体、犬にとっては何のメリットもない感じがします。

女性はすでに黒く変色した黄色のゴム手袋を嵌め、歯ブラシに紫色の液剤をつけ、犬の顔にまんべんなく塗りつけた。予め用意していた黒ずんだ容器にはすでに熱い水で毛染め剤を溶かしている。犬をこの中に押さえつけて毛染めを始める。水温が高いためか、犬は必死に声をあげ、激しく抵抗する。

しばらく染めてから、犬を取り出してドライヤーで乾かし、ブラシで毛を梳かす、完全に乾いたら、再び上記の毛染め作業を行う。このときに犬はすでに抵抗する力もなくなっている。このような作業は5回繰り返しされる。毛染め完了時は、大量の毛染め剤を浴びたこの犬はすでに瀕死状態になっていた。記者によると、作業室の外まで毛染め剤の激しい刺激臭が漂っていた。

出典 http://www.epochtimes.jp

出典 https://www.pinterest.com

日本でも「カラーひよこ」というのが昭和の縁日で売られてたことがありました。動物愛護問題もあり、販売されなくなりましたが、染色されたひよこはストレスなどで短命に終わることが多かったと言われてます。

食品用染色剤なら問題ない?

出典 http://searchina.ne.jp

使ったのは食品用染色剤で「安全無害、大丈夫です」という。ただし、犬は「主人の意に添えた」としてうれしがっているのか、単に迷惑と考えているのか、さだかではない。“微妙な表情”で写真に写っている犬もいる。

出典 http://searchina.ne.jp

たとえ染料が完璧に安全なものであっても、色と匂いが伝わるので、ペットには多少の影響はあるのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!