かわいい赤ちゃんでしょ!

Licensed by gettyimages ®

FBや、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを見ていると、子供の写真がたくさん掲載されています。「生まれました」「うちの子がおもしろい」「○○へ行きました」・・・子持ちになると、ほとんどのニュースが子どもがらみなので、それがウザい・・・とか、そういうのはまあ置いておいて。

その掲載、全世界に公開していますか?

ええそうです、私もそういうタイプの人間です・・・だって子供意外なにも変化がな・・・い・・・・・・

みんなで○○公園にいます!の危険さ

Licensed by gettyimages ®

一昔前、「○○なう」というのがハヤったのですが、子どもをつれて公園にいるときに「今日はみんなで○○公園で遊んでいます!この公園は緑が多いから、お休みにはよく来るんだ~」という投稿を、写真と共にしたとします。

そこから読み取れる情報は、子供たちの顔とおおまかな年齢・服装・いまどこにいるか・休みによく通っていること・親の顔・・・などです。そのほかにも、プロフィールから、名前やニックネーム、通わせている保育園、親の職業、祖父母、親戚・・・など、ありとあらゆる情報が手に入ってしまうかもしれないのです。

Licensed by gettyimages ®

ある日、ちょっと目を放した隙に「ママやパパしか呼ばないはずのニックネームで呼びかける、ママの友達」という人が現れたとしたら・・・?

行きつけの病院、行きつけの公園、行きつけのお店・・・子連れのルートはあまり変わりませんので、こうしたリスクも考えなければなりませんね。

保育園のHPでも・・・

出典 http://park.saitama-u.ac.jp

(実際はモザイクなし)けっこう、子供の顔がばっちり掲載されていたり。保育園の園長をしている方に伺ったところ「うちの園(写真とは無関係)では、許可をもらった子だけ掲載している」とのこと。

ブログやHPに掲載しない園、ブログやアルバムはあるけれど鍵がついている園、写真は掲示のみですませる園・・・その園によって、方針はいろいろです。

保育園こそ、毎日そこに通っていることがわかってしまうだけに、方針を理解して気をつけたいものです。

学校も、保育園、幼稚園でも、問題になりつつあるのですね。

自分の子ども以外の顔写真

Licensed by gettyimages ®

みんなでパーティをしたり、公園で遊んだり・・・とっても楽しいひと時を、SNSにアップしたいとき・・・そのままアップしていませんか?

それぞれの両親によって、SNSへの理解度・公開度は違います。アップする際は、自分の子どもだけが写っている写真や、そのほかの子を隠した写真をアップするのが無難です。

その際、モザイクで消してしまうとなんだか犯罪者や被害者みたい・・・となってしまうので、かわいいスタンプや変装スタンプで目隠しすると、「気を使っている感」が出ます。

勝手に顔だしはゼッタイだめ!!

親戚の子供は・・・

Licensed by gettyimages ®

親戚間のSNSギャップは、こじれるもとです。最初にしっかり話し合っておきましょう。例えば「SNSでは、友達のみ公開にしてね」「ツイッターには掲載しないで」「子どもの顔写真はぜったい掲載しないでね」「掲載してもいいけど、場所は明かさないで」など。

そして、気をつけなければならないことは「友達のみ公開」であっても、その友達の定義は人によって異なるということです。「フォロー数をとにかく増やしたい」と考えている人の友達内と「友達の間だけで楽しみたい」という人の友達の定義は、違います。
それを心得て、お互い掲載許可をとらなければならないということです。

まずは、お互いの信頼を大切に!

Licensed by gettyimages ®

たとえ対象が、その人の家にかかっていた絵であっても、ペットであっても、同じことかもしれません。SNSにアップしたいときは、自分のもの以外は「アップしていいかな?」のヒトコトが必要なのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス